ページ: 01
2010/3/1 ■ジニーさんの本だな■

母は移民を多数送り出した和歌山県の通称アメリカ村出身。戦後ワシントンハイツでメイドとして働き、ジニーと呼ばれた。
母の親族達が海を渡った明治・大正期、母と父が基地で働いた戦後の占領時代、アメリカンドリームにあこがれた60年代と米軍ハウスに自由な若者の文化が花開いた70年代。店主の幼少期には、古き良き時代のカナダ・アメリカが身近にあった・・・

特集
「ジニーさんの本だな」
に Go

2007/7/1 ■父の愛した娘たち■ 2006/11/25 ■アリス・アリス・・・・
          オンパレード■

森茉莉、幸田文、萩原葉子、室生朝子、太田治子の共通項といえば、文士のの娘、離婚。文筆家。偉大な父に愛された娘の宿命といえなくもなく・・・ 

パッパのお茉莉/気丈娘 幸田文/斜陽の娘/アナイス・ニン 堀口すみれ子 長山美郷 向田邦子

特集
「父の愛した娘たち」
に Go


それは約150年前のある夏の午後のお話から始まった・・・。

貴方の「アリス」を探してください。



特集
「アリス・アリス・・オンパレード」                                            に Go

2006/8/7 ■ロイヤル・エレガンス■ 2006/3/26 ■バルカン憧憬 吸血伝説■

おとぎ話なき21世紀の今日でも、洋の東西を問わず、王室・皇室の話題はつきることがありません。

あなおかし英王室スキャンダル?
モードアイコン:ジャッキー&ダイアナ
アメリカン・ロイヤルファミリー
クール・ビューティー グレース妃

特集
「ロイヤル・エレガンス」に Go

吸血鬼はブラム・ストーカーの「ドラキュラ」のみならず。ある時は格調高く、またある時は血わき肉踊るエンターテイメントして、はたまた重く陰惨な民間伝承として・・・。

日夏耿之介/種村季弘ワールド
トランシルバニア紀行
ドラキュラ叢書
怪奇映画アンソロジー/ほか

特集「吸血伝説」に Go

2005/9/16 ■この男に この女あり■ 2005/5/30 ■少年・少女 2■

アダムとイブの昔から、女は曲者、男は愚者・・・というわけで、かくしてカップルの物語が生まれます。

魔性の女 ファム・ファタール
ミューズ/二人の三千代さん
天衣無縫な女達/ほか

特集「この男にこの女あり」
              に Go

NOIR流の「少年・少女」ものをラインナップ。あなたは少年主義者、それとも少女主義者?

アリスが好きな大人たち
幼きものの狂気(片山健)
長野まゆみ的少年世界/ほか

特集「少年・少女 2」に Go

2005/4/19 ■実存としての写真■ 2005/2/21 ■女蕩しの系譜■

真実を写しながらも、それらを超えたところに「実存」を捉ええた写真の力・・・。

橋口譲二/報道写真の芸術性?
黙して語る時代の証言/ポートレートの力/石内都/ほか

特集「実存としての写真:実像と芸術の狭間」に Go

「女蕩し」と書いて、我等がアヴァンチュリスト、北原武夫に倣って「おんなたらし」と読んでみました。

梢風/北原武夫的女性論
田辺茂一/池田満寿夫/小沢昭一
色豪:カザノヴァ/ピエール・ルイスゲンズブール ほか

特集「女蕩しの系譜」に Go

2005/1/3 ■モノ語る人びと■ 2004/7/29 ■ボヘミアン‐夭折と放浪の人■

「モノ」について語ることは「その人」を語ることでもある。
寡黙で饒舌な、モノモノモノ。

逸品の薀蓄語り/私のお気に入り
茉莉の変調美学/向田イズム
生活と心のおしゃれ/ほか

特集「モノ語る人びと」に Go

生き急いだ者が遺したものはいつの時代も熱く、激しく・・・・



顧城・雷米/広津里香/村山槐多
山之口獏/岸上大作/ほか

特集「ボヘミアン」に Go

2004/7/14 ■ピグマリオン・人形愛■ 2004/5/5 ■少年・少女■

もの言わぬ人形を愛する罪。



マヌカン/四谷シモン/ベルメール
球体関節人形/オートマタ

特集「ピグマリオン」に Go

決してイノセントなどとはいえない子供の世界へといざないます。


片山健/アリス/少年愛
クシー君/稲垣足穂/鈴木翁二

特集「少年・少女」に Go
 
ページ: 01