ページ: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08

anan non・no 01 | styling 01 | ハイファッション・流行通信 01 | ミセス&装苑 01|ドレスメーキング 01|婦人誌 01

MEN'S CLUB&mc'sister 01| 海外ファッション誌 01 | レトロファッション誌 01| 花椿・若い女性 01|手芸・ホビー 01

  ■B-06121
Le costume La haute couture de 1940  nos jours  \1900

Flammarion/1991
A5/状態C

1940年から今日(1991年現在)に至るまでのオートクチュール・ファッションの歴をまとめたコンパクトな冊子です。

   ■B-06147
モードドローイング コスチューム ♀    \950

矢島 功/グラフィック社/1987
初/26.6px25.5p/状態C/定価\2800

ファッションイラストの第一人者、矢島功の指南書。実際に第一線で活躍するデザイナーの作本をモデルに、スケッチから完成までの表現要領を解説。同じシリーズには「女性・ヌード」「男性・ヌード」「男性・コスチューム」「男女・顔」があります。

   ■B-05604
MODA ITALIANA 1920-1980 
イタリアファッションの創造者たち展
                    \1800

イタリアファッションの創造者たち展 実行委員会/1983/28px22p/状態C

1983年に開催された「イタリアファッションの創造者たち展」の図録。ヴィンテージコレクション、デザイナーによるモードデッサン、ファッション・フォトグラファーによる写真などで1920-80年までのイタリアンファッションの歴史を俯瞰。

  ■B-05592
LA RENAISSANCE DE LA MODE  ITALIENNE FLORENCE, LA SALA BIANCA, 1952-1973      \2800

Guide Vergani/Electa/1993
32.5px22p/状態B/仏文

フィレンツエのピッティ・パレスにあるLa Sala Bianca で1993年に開催された「イタリアモードのルネッサンス展」の図録、1952年から73年というオートクチュール全盛時代のイタリアモードを回顧する充実した内容です。

  ■B-05602
Antique & Vintage Clothing
A Guide to Dating & Valuation of Women's Clothing 1850 to 1940     sold out

Diane Snyder-Haug/Schroeder Publishing/1997
28px21.5p/状態B/英文

1850年〜1940年までの、ヴィクトリア朝のドレス、帽子や小物類など、ビンテージ衣装を収録。

  ■B-05606
Four Hundred Years of Fashion 
                                   

Natalie Pothstein/Victoria & Albert Museum/1984/28px21p/状態B/英文
                           sold out
ヴィクトリア&アルバート博物館所蔵の衣装コレクション200点以上、17世紀から現代までの400年にわたるのファッションの歴史をおさめた作品集。

  ■B-05593
TOUCHS D'EXOTISME 
XIVe−XXe siecles     \2800

musee de la mode et textile/1997
25.5px19p/状態B/仏文

14世紀から20世紀までの世界のテキスタイルと、それに関連するアクセサリー、ドレス、髪型などの周辺情報を紹介する美しいビジュアル本。パリの服飾博物館による出版物です。

■B-05215
LA MODE
ラ・モード 芸術・歴史・社会    \5500

モード学園/1995/28px22p/状態B

古今東西のファッション、風俗をビジュアル、テキスト、画像データ(なんとフロッピーディスク2枚???)でまとめた充実の資料。


詳細
■B-04365
The Museum of Costume Assembly Rooms Bath 
アセンブリールームとコスチューム博物館ガイド    \2000

The Museum of Costume/1994
30px21p/状態B/英文


英国南西部の古都バースにある、17世紀からの華麗なドレスや豪華なダンスホールなどを紹介するアセンブリールームとコスチューム博物館のガイドブック。

  ■B-04446
Crosscurrents Art・Fashion・Desien 1890-1989             \3300

Tony & Claes Lewenhsupt/Rizzoli /1989
27.5px4.5p/状態B/英文

1890年から1989年までの建築・アート・デザインとファッションの関係を年代ごとにまとめたヴィジュアル本。
Play Of Waves 1903-1909/The First Modanists
1910-1918/Probabilities 1910-1918/Two Dimensions1919-1928/Doubtful News
1929-1936/To Be Continued 1939-1946
/Cultural Collections 1947-1958
/Space Proximity 1959-1967/Alarm Clocks
1968-1975/Back To Nature 1976-1989

  ■B-05595
ファッションの歴史
新訂増補版       \1800

千村典生/平凡社/2004
30px19p/状態B/定価\2520


古今東西の衣服、服飾、ファッションの歴史をイラストとともに解説するテキストブック的な書籍。

■B-04559
A PICTORIAL HISTORY OF COSTUME      \5900

WOLFGANG BRUHN MAX TILKE/A. ZWEMMER LTD/1955
34.5px25.5p/状態C/箱ヤケ・痛 ヤケ・シミ

1941年にドイツで出版された世界のコスチューム史図鑑の1955年イギリスパージョン。200頁中カラー図版120ページ。

■B-04558
COSTUME PATTERNS AND DESIGNS      sold out

MAX TILKE/A. ZWEMMER LTD/1956
34.5px25.5p/状態C/箱ヤケ・痛 ヤケ・シミ ページ剥げ数箇所

A PICTORIAL HISTORY OF COSTUMEの続編図鑑。世界の民族衣装のパターンをイラストで収録。古代エジプト、ギリシア、アフリカ、ロシアから、中国、韓国、日本などまで。図版は112ページ。

■B-04400
COSTUME CAVALCADE 685 EXAMPLE OF HISTORIC COSTUME IN COLOUR     sold out

HENNY HARALD HANSEN/Hertford and Harlow/1958
24.5cmx19p/状態C/ヤケ/英文


「コスチュームのパレード」と題された服飾史の資料集。エジプト時代から1950年代の現代まで、時代ごとに685サンプルをイラストにまとめた非常に分かりやすく美しいビジュアル本です。


詳細
■B-04202
ロココと新古典の衣裳展 華麗な革命  
sold out 
1989/24px25.5p/状態B


フランス革命200年を記念し、1989年に京都国立近代美術館にて開催されたロココと新古典の衣裳展 華麗な革命展"。 本書は、フランス革命をはさんだ1715-1815年のフランスのモードを変遷を展観する充実した展覧会に相応しい図録。

■B-04143
スキャパレリ展カタログ   sold out

1984/24px19p/状態C/店名スタンプ

1984年の6月から8月にかけてパリで開催されたスキャパレリ展の図録。

 
詳細
■B-04145
Looking at Fashion   
sold out
Skira editore/1996
28px24px5.3p/状態C/カバスレ/英文


1996年に開催されたビエンナーレ・ディ・フィレンツェ『アートとファッション展』の図録。マン・レイ、ソニア・ドローネー、スキャパレリ、アルマーニ、ゴルチェ、ブルース・ウィーバーほか、モードとアートの融合。600ページ以上、背表紙5.3p・・・とっても重い充実の1冊。

  ■B-04001
SECRETS D ELEGANCE1750-1950  
西洋の下着の歴史   sold out

1978/24px19p/状態B/キバミ

パリ市衣装博物館で1978年に行われた下着の展覧会カタログ。18世紀から20世紀前半のコルセット・ペチコート・部屋着などを多くのイラストで紹介。

再入荷

詳細
B-04004
1830-1930 西欧服装美術展   
sold out
共同通信社/1977
23px27p/状態C/表紙ヤケ


1977年1月に京王百貨店で開催された「西欧服飾美術展」の図録。同展では当時ハンブルグ在住だったマリア・ルイ-ぜ・シュテーター夫人の膨大なコレクションの中から19世紀初頭から20世紀初頭の100年間を区切って、服飾史的に意義深い80点を選出して展示された。まとまった形で服飾の展覧会が行われた最初のものだったのでは?

再入荷
  ■B-04560
現代衣服の源流展 1909-1939       sold out

編:小池一子 デザイン:田中一光
現代衣服の源流展実行委員会/1975/24px25p/状態B

ダイアナ・ブリーランドの監修により、1973-1974年にニューヨーク・メトロポリタン美術館で開催された「インベンティブ・クローズ1909〜1939」展は翌年には京都において開催。本書は、同展の開催に際して京都商工会議所から刊行された図録。

  ■B-03861
le Petit Echo de la Mode   '39/9/24    \1100

1938
36px29p P16/状態C/頁ヤブレ/仏文


1930年代のフランスのモード雑誌。
POUR L'HIVER:冬のモード 
LA JOLIE LINGERIE BRODEE:刺繍の美しいランジェリー 

  ■B-03862
le Petit Echo de la Mode   '38/3/20      \1500

1938
36px29p P16/状態C/仏文


1930年代のフランスのモード雑誌。
BLOUSE Tricotee:ニットブラウス    
POUR LA 1ERE COMMUNION:初聖体拝受のための装い 

  ■B-03863
le Petit Echo de la Mode   '38/11/1      \1700

1938
36px29p P20/状態C/仏文


1930年代のフランスのモード雑誌。
LES INCRUSTATIONS DE SATAIN: サテンの嵌め込み   
BEACOUP DE TRICOT,CET HIVER :この冬の編み物  
LE TISSAGE, une des plus agreables occupations familiales:楽しい手芸-手織のマフラー&ストール・・・・・

  ■B-03864
le Petit Echo de la Mode  '39/4/23   sold out

1939
36px29p P20/状態C/仏文


1930年代のフランスのモード雑誌。
Toilettes pur DAME,JEUNE FILLES et  ENFENTS-ROBES D'INTERIEUR:婦人、若い女性、お子様の日常着特集  Le Charme des Junes:少女の愛らしさ

  ■B-03865
le Petit Echo de la Mode   '38/11/6    \1400

1938
36px29p P12/状態C/仏文


1930年代のフランスのモード雑誌。
Toilettes habillees et Robes de Ceremonie:正装
     HABILLONS NOS PETITS:こども達の装い
   La Fantaisie des Accessaoires:アクセサリーのファンタジー

■B-03714
服飾研究 DRESSTUDY 1985 秋 No.8   sold out

財)京都服飾文化研究財団/1985
B5/状態B/シミ


「京都服飾文化研究財団」が年2回発行している研究誌。執筆者、内容ともに学術的であり、なおかつレイアウト、用紙、写真、フォントにいたるまで、エディトリアル的にも水準が高いのはさずがKCI。
表紙:ベル・エポックのコスチューム/ステージと時代/シャツとウエスト/世界の博物館紹介ーバルセロナ織物と衣装美術館:ドン・ロカモーロ・コレクション

■B-03715
服飾研究 DRESSTUDY 1986 春 No.9  
sold out
財)京都服飾文化研究財団/1985
B5/状態B


表紙:ジャンヌ・ランバンのコスチューム/1920-40年代の刺繍のドレス/アール・デコの本質世界の博物館紹介ーシュツットガルド・ヴェルテンベルグ州立美術館 

■B-03716
服飾研究 DRESSTUDY 1986 秋 No.10  sold out

財)京都服飾文化研究財団/1986
B5/状態B


表紙:エルザ・スキャパレリのイブニング/セシル・ビートンの「ファッションの鏡」:田村隆一 ダリと1930年代のモード:巖谷國士/世界の博物館紹介ーロマン市立靴博物館

■B-03717
服飾研究 DRESSTUDY 1987 春 No.11    
sold out
財)京都服飾文化研究財団/1987
B5/状態B


表紙:ポワント・ネージュ/絵画にみるレース/18世紀ヨーロッパ社会におけるレースの重要性 1870年代の機械レース/世界の博物館紹介ーバース服飾美術館

■B-03718
服飾研究 DRESSTUDY 1987 秋 No.12    sold out

財)京都服飾文化研究財団/1987
B5/状態B


表紙:フランス革命期のアビ/着るということと男性:伊藤俊治/ダンディズム対談:菊池武夫x小池一子/世界の博物館紹介ーブルックリン美術館

■B-03719
服飾研究 DRESSTUDY 1988 春 No.13    sold out

財)京都服飾文化研究財団/1988
B5/状態B


表紙:18世紀のストマッカー/ロココの世界とモーツァルト/フランスのダンディズム/18世紀のファッション・プレート/世界の博物館紹介ー国立マルメゾン博物館

■B-03720
服飾研究 DRESSTUDY 1988 秋 No.14    sold out

財)京都服飾文化研究財団/1988
B5/状態B


表紙:18世紀の刺繍/ロココからエンパイア・スタイル/「華麗なる革命展」の焦点/世界の博物館紹介ーフランス軍司博物館

■B-03721
服飾研究 DRESSTUDY 1989 春 No.15     \1300

財)京都服飾文化研究財団/1989
B5/状態B


表紙:パイナップル形のレティキュール/移りゆく美:朝吹登美子/「源流展」から「革命展」までの原動力:三宅一生x小池一子/江戸文様のローブ・ド・シャンブル:深井晃子/世界のは博物館紹介ーリヨン染織美術館

B-03722
服飾研究 DRESSTUDY 1989 秋 No.16     
sold out
財)京都服飾文化研究財団/1989
B5/状態B


表紙:トランスペアレンスのペティコート/ヴェルサイユ宮の優雅な女性の一日/衣裳展におけるマネキンの重要性/世界の博物館紹介ーM.H.ド・ヤング記念美術館

■B-03723
服飾研究 DRESSTUDY 1990 春 No.17     
sold out
財)京都服飾文化研究財団/1990
B5/状態B


表紙:エリザベスT世時代の刺繍のボティス/ザ・ヒストリカル・モード/未来派と政治:イタリアンモードの背景/世界の博物館紹介ーハール・インスティテュート・マネキン・ミュージアム

■B-03724
服飾研究 DRESSTUDY 1990 秋 No.18   sold out

財)京都服飾文化研究財団/1990
B5/状態C/シミ


表紙:マドレーヌ・ヴィオネのふフリンジ・ドレス/スキン・コンシャスネス:谷川渥/20世紀の身体:鷲田清一x小池一子/ヴィオネのパターン/世界の博物館紹介ーオーベルカンプ・プリント美術館

■B-03725
服飾研究 DRESSTUDY 1991 春 No.19    
sold out
財)京都服飾文化研究財団/1991
B5/状態B/シミ


表紙:改良貴婦人競/貴婦人が持ち帰った「英国風」:岩尾光代/雨森芳洲の服飾論:上垣外憲一/明治のヨーロッパ・モード/世界の博物館紹介ーブタペスト工芸美術館

■B-03726
服飾研究 DRESSTUDY 1991 秋 No.20    \1300

財)京都服飾文化研究財団/1991
B5/状態B


表紙:マリア・フォルチュニイ/ゴンクール兄弟と18世紀女性史/漱石作品の服飾描写:小池三枝/ファッション・ジャパン・ショックー1980’S:深井晃子/世界の博物館紹介ール・ピュイ:ボビン・レース教習センター、クロザティエ博物館

■B-03727
服飾研究 DRESSTUDY 1992 春 No.21    \1300

財)京都服飾文化研究財団/1992
B5/状態B


表紙:扇/17-18世紀のオランダ絹製「ヤポンセ・ロッケン」/日本の絹の室内着:深井晃子 世界の博物館紹介ーウィーン美術史美術館王宮宝庫

■B-03728
服飾研究 DRESSTUDY 1992 秋 No.22    \1300

財)京都服飾文化研究財団/1992
B5/状態B


表紙:ウォースのジャポニズム/ジャポニズムという趣味:織田豊次郎/ボニー・キャッシン:アメリカン・カジュアルのデザイナー/キモノはモードも影響を与えたか:深井晃子/世界の博物館紹介ーボストン美術館

■B-03729
服飾研究 DRESSTUDY 1993 春 No.23    \1300

財)京都服飾文化研究財団/1993
B5/状態B


表紙:1930年代後半のコート/花の巴里の貞奴/オペラとモーリの衣裳:毛利臣男・深井晃子 世界の博物館紹介ーキモノはモードも影響を与えたか:深井晃子 アムステルダム国立美術館

■B-03730
服飾研究 DRESSTUDY 1993 秋 No.24   sold out

財)京都服飾文化研究財団/1993
B5/状態B


表紙:       /浮世絵とゴンクール/破壊・解体・エレガンス:川久保玲X深井晃子/江戸小袖の変容/博物館とジャポニズム/世界の博物館紹介ースコットランド王立美術館

   ■B-03613
美術手帖 80/5 ファッション
sold out
美術出版/1980
A5/状態C/背表紙スレ・シミ/定価\750


モードがアートとして捉えられるようになったのは80年代ではありますが、それ以前に美術手帖がファッションを特集していたといは。特集は19世紀ファッション。
マドモアゼル・デコ=19世紀浪漫/ヴィクトリアンの秘められた肉体/服飾史から見た19世紀

■B-03662
La mode:le miroir du monde du ]Y au ]]siecle
モードと風刺 
時代を照らす衣服-ルネサンスから現代まで  sold out

30px23p/状態C/表紙シミキバミ


1995/8/13から9/24まで栃木県立美術館で開催された展覧会の図録。カリカチュアに描かれた各時代のモードに焦点を当てています。

 
詳細
■B-03747
HAUTE COUTURE オートクチュール        
sold out
RICHARD MARTIN & HAROLD
THE METROPOLITAN MUSEUM OF ART/HARRY N.ABRAMS,INC/1994/29px22.5p/状態B/カバスレ/英文


1994年にメトロポリタン・ミューゼアムでの「オートクチュール展」開催に伴い出版された書籍。

再入荷
■B-04447
図録 オートクチュール100年展sold out

朝日新聞社 /1993
A4変/状態B

1993-94年、文化村ザ・ミュージアム、神戸阪急ミュージアムで開催された展覧会図録。チラシ付、一部パターンも掲載。


詳細
■B-02721
現代衣服の源流       sold out

京都商工会議所/1975
39p×26p/状態B/箱


ダイアナ・ブリーランドの監修により、1973-1974年にニューヨーク・メトロポリタン美術館で開催された「インベンティブ・クローズ1909〜1939」展は翌年には京都において開催。1910〜1930は新しい美術、音楽、生活様式が登場し、活気を帯びた社会の動向を反映したファッション文化が花開いた時代であった。ポワレ、キャロ姉妹、ヴィネオ、シャネル、スキャパレリの作品等々、これらは現代衣服の源流となり、現代に引き続き継がれている。本書は、同展の開催に際して京都商工会議所から刊行された記念豪華図録。見ごたえ、読みごたえあり!!

再入荷
  ■B-2662
京都服飾文化研究財団の25年    \1850

社)京都服飾文化財団/2003
B5/状態C/表紙オレ


ワコールの企業メセナ活動として1978年に創設された京都服飾文化研究財団は、東西の服飾史や広くファッション文化に関わる研究、コレクション、展示など、幅広い活動をし続けてきましたが、本書では25周年の軌跡を回顧。三宅一生のまえがき、川久保玲との対談など、内容も充実

■A-00828
「華麗な革命」展 ロココと新古典の衣装展  
sold out
ハイファッション5月別冊付録/文化出版局/1989
28px22p/55ページ/状態B


18世紀フランスの装飾性の高いコスチュームを一同に集めた展覧会を特集したハイファッションの別冊付録。テクスチャー、シノワズリー、エンブローダリー、トリミング、レース、クリエーション、デコレーションパストラル、エンパイアなどのキーワードも華麗な小冊子です。

再入荷
■B-04393
「パリモード 1870-1960 華麗なる夜会の時代」展 sold out

テレビ朝日/1999
21px30p/状態B


女性のモードにカジュアルという概念のなかった時代のエレガントなコスチュームを、ジャンヌ・パキャン、フォルチュニー、ポール・ポワレ、ジャン・パトゥ、シャネル、ディオール、バレンシャガ、マダム・グレ、などなど、その時々の代表的なクチュリエの作品を通じて俯瞰する展覧会の図録。

■B-02804
美女100年 ポスターに咲いた時代の華たち    sold out

サントリーミュージアム/1994
24p×25p/状態B


「女性」をモチーフにした内外のポスターを時代毎に追った展覧会の図録・原色図版203点、解説、時代考証、年表ほか

  B-02665
美と知のミーム、資生堂   \3800

資生堂/1998
2版/28.5px21.5p/B/帯


「ミーム」という名の文化遺伝子が、資生堂を動かしている。「ミーム」とは、資生堂の体内を脈々と流れ続ける文化遺伝子の大河である。ここにあるのは、創業から現在まで「美」と「知」に関わる「ミーム」の記録である。

■A-01026
FlAIR:ティナ・チャウのコレクション展  
  sold out 
京都服飾文化研究財団/1992 
A4/10ページ/状態B


トップモデル、ジュエリーデザイナー、60年代後半から80年代まで、ファッションアイコンとして誰からも愛された故ティナ・チャウ(ティナ・ラッツ)は、また20世紀の著名なデザイナーのコスチュームを集めるコレクターでもあった。1992年、ティナの死の年にニューヨークに次いで東京で開催されたティナのコスチュームコレクションの展覧会のリーフレット。コレクションの内容はフォルチュニィ、マダム・ヴィオネ、バレンシャガ、スキャパレリ、サンローラン、三宅一生、ラガーフェルド、などなど
再入荷
■B-04426
Tina  ハイファッション’92/11月号別冊付録   sold out
 
文化出版局/1992 
A5・50ページ/状態B


60年代の後半に資生堂や「装苑」の専属モデルとして活躍したティナ・ラッツ。73年に実業家マイケル・チャンと結婚し、ロンドンやニューヨークのファッション&アート界のミューズとなった伝説の女性。92年にエイズで41歳という短い人生を終えたティナのモデル時代から晩年までを、懐かしい写真と彼女を愛する様々な人々の追悼の言葉と共にを編集したハイファッションの別冊付録。


■B-01011
ティナの贈りもの    
sold out
伊藤 操/TBSブリタニカ/1994 
初/四六/状態B/品切れ/定価\1800


1991年にエイズで亡くなったティナ・チャウ。その誕生からティナ・ラッツの名でトップモデルとして活躍した60-70年代、ミスター・チャウのマダムとしてロンドンやニューヨークのアートシーンのミューズであった80年代、そしてジュエリーアーティストとして自ら創作活動をしながらエイズと戦った晩年・・・。ティナは多くの人から愛された永遠のアイドルであった。

■B-00967
HOLLYWOOD DRAG    
sold out
THOMASSON・GRANT/1994/19.5px19.5p/状態B/品切れ/定価\2399


ハリウッド映画史上に残る数々の女優の男装、男優の女装を集めた楽しい写真集。「お熱いのはお好き?」「トッツイ」「ビクター・ビクトリア」などなど・・・。それにしても男装はファッションスタイルとしてシリアスに認知されているのに引き換え、女装は滑稽でグロテスクなものとしてとらえられがちなのはなぜなのでしょうか?

■B-01301
Colette et la Mode    \4500

Colette・Sonia Rykiel/EDITION PLUME/1991
21.5px28.5p/状態C/カバヤケ/仏文


ファッション、恋愛、仕事・・・社会の因習に囚われない20世紀初頭の自由な女の一人、ガブリエル・コレット。彼女が書いたモードに関するテキストとそれに関連したイメージ写真に、ソニア・リキエルが描いたイラストを添えて興味深いビジュアル本に仕立ててあります。当時としてはカジュアルでマニッシュに、時には男装もしたコレット自身の装いの写真も多数所収されています。

■B-01306
LA SOIE  
 sold out
SYROS ALTERNATIVES/1992
初/22px28p/状態B
/仏文

古今東西の美しい絹織物に関するビジュアル本。ビザンチン、中国、日本、カシミール地方の伝統的織物、フィリップ・ドゥ・ラザルの装飾的なパターン、ソニア・ドローネーのモダンでグラフィカルなプリント、レオナールやエルメスのお馴染みのプリントなどなど。

 
B-01309
VINTAGE Fashions FOR Women 1920s-1940s     
sold out
KRISTINA HARRIS/Schiffer/1996
21.5px28p/状態B/カバスレ
/英文

古き良き時代のヴィンテージドレスの写真集。モデルがちょっと素人っぽくて微笑ましくもりますが、時代を経たドレスは一点一点個性的で面白い。

 
■B-01414
ジャポニスム イン ファッション   
sold out
深井晃子/平凡社/1994
初/四六/状態A/絶版/定価\2400


19世紀末、ヨーロッパの美術工芸の世界にシノワズリやジャポニズムといったオリエンタリズムが色濃く影響した時代であった。ドレッシングガウンとして着用された着物、きもの地で仕立てられたドレス、日本的な花鳥風月をモチーフとした織物、絵画や写真にも見られるヨーロッパの見返り美人、ポール・ポワレのキモノコートなどなど・・・。そして70年代以降、森英恵や高田賢三、三宅一生、川久保玲などの日本人デザイナーが再びジャポニスムを再発信。京都服飾文化研究財団のキュレーター深井晃子さんによる本書は、ファッションにおけるジャポニズムを様々な角度から考察。

■B-01415
冒険する女の世紀 男装の女性史       
sold out
中田耕治/新書館/1983
初/四六/状態B/品切れ/定価\1400


女性の男装・・・この魅惑的でエロティックな風俗について語る人は多い。これはルネサンス期から世紀末までの歴史に登場した異装の女性達を追った評論。歴史上の人物を語りながらも、今日の映画女優などの男装にも言及していて肩の凝らない語り口になっている。「男が女装するときは仮装であることが多いのに、女が男装するときは、服装を換えることと、男として生きることが重なっていることが多い・・・」と著者が考察する通り、ジャンヌ・ダルクやジョルジュ・サンドばかりでなく、本書でも取り上げられているロンドンの女泥棒メアリ・フライス、女アラビアのロレンスと呼ばれたへスター・ルーシィ・スタンホーフ、などなど男装の麗人が果たした役割は女装の男性のそれとは比べ物にならないようです。

  ■B-01614
男装論     \1200

石井 達郎/青弓社/1994
初/四六/状態B/定価\2266


女たちはなぜ男装してきたのか? 先住民から女優にいたるまで、男装を選んだ女たちの生に、人類学、フェミニズム、レズビアニズムなどの知見から多彩な光をあて、そこに顕現する「女性性/男性性」の社会的意味とその変遷をとらえる。

■B-01416
ポールポワレの革命 20世紀パリ・モードの原点       
sold out
ポール・ポワレ 訳:能澤慧子/文化出版局/1982
初/四六/状態C/絶版/定価\1500


女性をコルセットから解放して、近代モードを築いたポール・ポワレの自伝。今日でこそ、ポワレは多くの人に知られているが、出版当時にはこのクチュリエの名前と功績を知る日本人はすくなかったようです。

■B-01229
華やぐ男たちのために 性とモードの世紀末    \1600

山田登世子/ポーラ文化研究所/1990
初/四六/状態A/帯/定価\2141


「服装にたいする無関心的な自殺にひとしい」というバルザックの引用から始まる本書は「モードの政治学」「近代モードのポリティーク」「ダンディあるいはスタイルの思考」「見てくれの研究」「性のゆくえ」「裸体と衣装」「モードの肉体」「美貌学」「ファッションの律法」などなど・・・・気になるタイトルで「現代思想」「へるめる」などのために書き下ろされたモード、文化、ジェンダー論などをまとめたもの。根っからのファッション好きと自らを語る仏文学者、山田登世子さんのちょっと理屈っぽいけれど読み応えのある一冊です。

■B-01230
モードの帝国    
sold out
山田登世子/筑摩書房/1992
初/菊変/状態B/帯/定価\2957


以下に列記したタイトルで、モードからエロスまでを語るこの人の力量はスゴイ!!
空虚のエロス/ファッション・誘惑ゲーム(ファッションのディスプロポーション;靴―フェティッシュの黄昏;モードとポルノのあやうい関係)/惑乱しに、とモードは言う/小物の物語り(香水;ブーケ;ボタン;手袋;マーガリン)/シャネル 皆殺しの天使(失われた衣裳;無の勝利;アフター・シャネルへ)/ドレスの涙
  HOME

ページ: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08

anan non・no 01 | styling 01 | ハイファッション・流行通信 01 | ミセス&装苑 01|ドレスメーキング 01|婦人誌 01

MEN'S CLUB&mc'sister 01| 海外ファッション誌 01 | レトロファッション誌 01| 花椿・若い女性 01|手芸・ホビー 01