■町と時代の文化■

再入荷

詳細
■B-07156
立木義浩写真集・PRIVATE・私生活/加賀まりこ \10000

立木義浩/毎日新聞社/1971
29.5px25.5p/状態C/表紙痛・オレ キバミ定価\850

60-70年代、和製BeBeとして小悪魔的な魅力で人々を魅了した加賀まりこをそれまでにはなかったのびのびとしたスタイルで撮り下したプレミアム写真集。すりガラス越しではありますが、よく見るとこの時代にして既にヘアヌードも・・・。
福澤幸雄と同様に、彼女もまた「キャンティ」に集まる有名人として忘れはならない存在でした。


詳細
■A-01803
Dream of life sold out

Horoshi Morinaga Yasushi Nakayama Takashi Iguchi/八曜社 
/21.5px13p/状態C

原宿のブティックで働く夢見る上京少女があれよあれよという間にファッションリーダーとなり、ロックンロールバンドとともに海外ツアーまでこなす人気者に・・・。フィクションともノンフィクションともつかない文章の合間には、ディスコティックの起源と歴史とも言える資料的なテキストが挿入されたり、コラージュ風のイラストや写真がちりばめられたりと、80年代っぽい遊びと仕掛けに満ちた不思議な書籍。クリームソーダ、ブラックキャッツ、グラス、などなど実在のブランド名やバンド名がそこここに登場し、80年代風俗をリアルタイムで体験している店主世代にとっては、こそばゆい感じが否めません。

■A-01752
勉強堂 スタジオ・ボイス別冊'85       \980

流行通信社/1985/A5/状態C/キバミ/定価\640


1980年代のカルチャーが満載されたスタジオ・ボイスの別冊。     日本人:ミウラ・ジュンナ ビンボーとサラ金と民主主義:末井昭 ガイジン社会のしくみ:泉麻人 やります、書きます、必ず:田中康夫 大物ってつらいもんだよ、きっと:近田春夫 「ネギを植えた人」:四方田犬彦 煮干の執念:高橋章子 いま「若者」は「小学生」だ:浅田彰 バタイユ便り:生田耕作 エヘン虫と「青い花」:木野花 我が子寺山修司:寺山はつ 十七人目の女:あらきいちろう 新緊張派:高橋幸宏 うんいいね:中沢新一 1973年の席かえ:柴門ふみ テクノロジー狂時代:ジミー・ネルソン 某有名都市生活者の苦悩:林真理子 卒業修業:酒井順子 

■A-01753
人間図鑑 広告クリエーターの巻1      \980

パッケージング社/1985
B5/状態C/ノドワレ/定価\980

1980年代の広告カルチャーの旗手とその仕事を一挙に紹介。

朝倉誠/荒井好一/池田秀二/石川勉/泉沢宗史/岡田直也/梶田渉/鎌田香織/君塚隆太/佐藤カンペー/渋谷幸子/島聡/添田正義/田中麻子/中山佐知子/野口武/浜田篤/原田宗典/福本ゆみ/松本邦彦/柳生田光利/吉田薫/ほか

A-01729
団塊パンチ 3 特集:1968年に何が起こったか?  sold out

2006/飛鳥新社
23.5x18.5p/状態C/定価\1429

60年代に青春を過ごしてきた世代のための季刊雑誌「団塊パンチ」の3号。団塊世代といえば、イコール全共闘世代。全世界的に学生達の反体制運動がピークを迎えたのが1968年でした。そして、平凡パンチの全盛期もこの頃。横尾忠則のインタビュー、浜野安宏、早川義夫などへのアンケートなどから68年戦後の風俗やムーブメントが浮かび上がります。第2特集「ちあきなおみ伝説」のほか、川添象郎の回想録やVANジャケットに関する連載など、充実の内容。

■A-01730
世界の旅 5 フランス       sold out

小学館/1964
18px16p/状態C/カバ少痛/定価\480

彩色写真のようにレトロな感じが素敵なガイドブック。海外旅行なんで夢のまた夢だった60年代、ヨーロッパの代表のようなフランスには、こんなガイドブックで旅行したつもりになるしかなかったのですよね。

  ■A-01731
世界の旅 1 フランス     sold out

中央公論社/1970
21.5px19p/状態C/定価\690

同じく、70年代のフランス旅行のガイドブック。旅の仏会話集のソノシート入りというのも時代を感じさせます。

■B-05258
THE PRIVATE RICH
A FAMILY ALBUM    sold out

Stories:Peter Rand Photo&Edition:Elizabeth Bird
Crown Publishers /1984/21px26p/状態C/ヤケ

十九世紀末から1940年代くらいまで、古き良き時代のアメリカのアッパークラスの様々な家族の写真にショートストーリーを付した憎い構成のビジュアル本。ストーリーと写真は直接の関係はないものの、それぞれがインスパイアーし合い、より深い味わいとなっている。

  ■B-04403
玩具館 新版遊びの百科全書C       \800

澁澤龍彦 矢牧健太郎/河出書房/1987
文庫/状態B/定価\600


玩具のための玩具(澁澤龍彦):ぶりぶり/奇妙な遊びエボナイト/遊びとメタモルフォーゼ/仮面/ごっこ、すなわち現実模倣/玩具のパースエクティヴ/ミニアチュールそして積木・・・・・
玩具事典(矢牧健太郎):ドール・ハウス/モデル・トレイン/ボトル・シップ/組上げ錦絵/箱根細工/竹とんぼ/ブーメランとフリスビー/糸巻き戦車/まわり灯篭/水中花/剣玉/ル-ビック・キューヴ/ファミコン/自動演奏器・・・・

■B-04378
ミニ・ストーリー 小型車の革命     sold out

ローレン・ポメロイ著 訳:小林彰太郎/二玄社/1984
8刷/A5/状態B/定価\1200


著者のローレン・ポメロイは、国際的に著名な自動車ジャーナリスト。英国の専門紙、THE MOTOR のテクニカル・エディターをつとめた。 ミニを生んだアレック・イシゴニスとは友人関係にあり、BMCの小型社試作に参加し、イシゴニスのミニに敗れたライバルでもある。ミニのモックアップ(実物大模型)やプロトタイプの秘蔵写真やイシゴニスのスケッチなど、興味深い資料も多数掲載されている充実も1冊。

■B-00118
THE MINI 1978 心に残る名車の本シリーズ2    sold out

企画室NEKO/1978
初/25px26p/状態C/絶版/定価\1800


その可愛らしさで、日本では本国イギリス以上に人気の高かったのがミニですが、これはモデルチェンジされる前の、ミニがミニらしかった70年代のミニブック。近頃の個性のない車に比べてこの時代の車のデザインっていいですよね。


■B-04343
たかちゃんとぼく      \9200

写真:細江英公 文:ベティ・ジーン・リフトン 
訳:石津ちひろ/小学館/1997/初
26.5px22p/状態B/帯/定価¥1890


1960年当時日本に住んでいたアメリカ人の児童文学作家、ベティ・ジーン・リフトン女史と日本を代表するフォトグラファー、エイコウの共同制作による写真集。地球の裏側からトンネルを掘ってやって来たワイマラナー犬のランシブルと日本の少女たかちゃんの物語。1967年にアメリカで出版されたのち、40年後に漸く日本語版が出版された。昭和30年代のレトロな日本がすてきです。

  ■B-03765
上海紀聞      \1500

中川道夫/美術出版社 /1988
A5/状態C/カバキズ・ヤブレ/品切れ/定価\2800


「租界時代の遺物のなかに現代の中国人が蠢いている奇怪な情景。足かけ20年にわたる著者の上海行は、都市の歴史を冷厳に捉える確かな時と抑制された映像とを保証した。・・・写し撮られた映像は変貌する都市の複雑な素顔を垣間見せる。都市が〈人民〉を〈大衆〉に変えている。MARCデータベース
この写真集が出版されて既に20年。改革解放以後の中国の西欧化の代表選手、上海の留まることを知らない発展という名の変貌を前に20年前の「現在」は殆んど戦前?と見間違えるほどの隔世の感が面白い。

再入荷
■B-01784
キャンティ物語   sold out

野地秩嘉/幻冬舎/1994
初/四六/状態B/帯/品切れ/定価\1600


一軒のイタリア料理店が日本を変えた。ロバート・キャパ、福沢幸雄、三島由紀夫、安部公房、岡本太郎、小沢征爾、篠山紀信、加賀まりこ、安井かずみ、加藤和彦、かまやつひろし、松任谷由実・・・、1960年開店以来、きらめく才能が集った伝説のレストラン「キャンティ」。そのオーナーにして希有な国際人といわれた川添浩史、梶子夫妻の生涯と「キャンティ」を愛する客達の青春を描いた長編ノンフィクション。テレビ番組にもなりましたよね。

■B-03510
キャパズ・アイ  ロバート・キャパの眼で見た世界とニッポン        
sold out
編:CAPA編集部/学習研究社/24.5px19p
状態A/新刊古書マーク/定価\1800


キャパはキャンティのオーナー、川添宏史の親友であったことから、インドシナで地雷を踏んで死ぬ直前の19日間を日本で過ごす。開店前のことですから、キャンティで過ごす姿こそおさめられていませんが、この時に撮り下した日本各地の写真が多数おさめられています。

 
詳細
■B-02587
福澤幸雄の光と影 追悼写真集   sold out
ノーベル書房
初/A4/状態C/箱汚れキズ、シミ・少ヤケ/定価\1200


福澤翁の曾孫であり、ハーフの美形ファッションモデルとして一世を風靡したF1レーサー福澤幸雄。1969年、テストドライブ中のセンセーショナルな事故死により、60年代の永遠のアイドルとなった。前出の「キャンティ物語」の冒頭が彼の葬儀から始まることからも分かるように、キャンティに集まる人々の中でも、多くの人愛され、一際華やかな存在であった。本書は死後出版された伝説の写真集です。

  ■B-02602
とんがって本気    sold out

加賀まりこ/新潮社/2004
初/四六/状態A/定価\1400


冒頭「キャンティ」の川添夫妻の後ろ盾のもと、小悪魔といわれた女優が休業してパリに遊学。帰国後の初舞台「オンディーヌ」に手も足も出なかった経験がキッカケとなり、演技に開眼した加賀まりこが「つんのめるように生きてきた」半生を語る。通学の途中、篠田正浩、寺山修司と名のる若者達にスカウトされた映画デビュー、未婚の母の顛末、失敗した結婚、明治生まれのダンディな父、若い恋人との別れ、などなど、コケティッシュでチャーミング、スパッとした江戸っ子堅気の魅力が満載。人生後半は距離ができた親友安井かずみとのエピソード、「写真集 私生活」を巡る立木義浩との対談などなど、60年代の時代の空気が感じられます。

再入荷
■B-06986
空にかいたしあわせ フォアレディース sold out

安井かずみ 宇野亜喜良/新書館/1974
6刷/17px15.5p/状態C/絶版/定価?580

当時、時代の最先端をいく恋多き女の子として注目の的だった安井かずみさんが、自らの恋愛論、ライフスタイルを織り込みながら綴ったショートストーリーと+詩+散文集。おしゃれな口絵者写真と自身のスナップ写真なども・・・。

再入荷
■B-06450
空にいちばん近い悲しみ フォーレディースブックス  \5600

安井かずみ アートディレクション:宇野亜喜良/新書館/1970
初/17px15.5p/状態C/絶版 カバスレ/\定価650

ニューヨークでの最初の結婚生活と離婚、パリでの一人暮らし、「恋のしずく」「何も言わないで」「経験」などのヒット曲の作詞、などなど、ZUZUこと安井かずみがもっとも輝いていた時代に出版されたエッセイ+詩+ミニ小説集。加賀まりこのエッセイに出てくるおしゃれで恋多く可愛い女友達、安井かずみ像はこの当時のものと思われます。

■B-03062
私のなかの愛         \1800

安井かずみ 装丁:四谷シモン/大和書房/1974
21刷/四六/状態B/定価\


愛と人生がどうあったとしても、二十歳には戻りたくない。それより、もっと先を続けていかなくては。・・・・どんな風に書き記してしまったとしても、私の愛のノートは永遠に続くのだから・・・・」。究極の愛のバイブルとあります。

再入荷
■B-06671
大恋愛 21世紀ブックス \2000
安井かずみ カバーイラスト:山口はるみ/主婦と生活社/1978
60刷/四六/状態B/絶版/定価\650

77年に加藤和彦と結婚し、94年に肺ガンで急逝するまで、ともに美意識の高いおしどり夫婦として自らの恋愛感を全うした感のある安井かずみ。独身時代の豊富な恋愛、最初の結婚・離婚を経て、最良のパートナーを得た著者の、いわば恋愛の鉄人としての正直で素直な恋愛論。した「ぶっく・れびゅう」創刊号。
は趣を変えた文藝批評的な切口による


再入荷
■B-06672
愛の回転扉    sold out
安井かずみ/大和書房/1975
初/四六/状態B/定価\790

トノバンと結婚する前、作詞家として飛ぶ鳥を落とす勢であった70年代前半の安井かずみの自由奔放な日常生活が垣間見えるエッセイ。まりこ(加賀)、ヒロコちゃん(コシノ)、ケンちゃん(高田賢三)、ジュリー(沢田研二)などなど、キラ星のごとき交友関係もチラホラ、時々登場する当時の「彼」とは?作詞家にしては少し日本語が破綻している部分もありますが、後のスノッブ嗜好の強いイメージとは別の以外にも率直なプロフィールが伺えます

再入荷
■B-06673
愛のめぐり逢い    sold out
安井かずみ/大和書房/1980
9刷/四六/状態B/定価\790

恋愛と美しい生活の達人、zuzuがもっとzuzuであった頃に書いた愛やライフスタイルについてのエッセイ。

船と馬のロマン/写真と鏡と私/チェンバロで始まる朝/ミモザはカンヌ/「お茶を飲みましょう」/ピクニック・ロンドン編」・・・・

再入荷
■B-06674
愛 それから先のことは   sold out

安井かずみ/大和書房/1977
3刷/四六/状態B/定価\790

確かに、ZUZUこと故・安井かずみさんは時代の一歩先を行くトレンドリーダーでしたね。これはやはり一流のスタイリストであった加藤和彦氏と出会って結婚した頃に出された恋愛論、ライフスタイル、モードやお洒落について語るエッセイ集。

  ■B-06675
エイプリル組曲    sold out

安井かずみ/装丁:金子国義/光文社/1978
初/四六/状態B/定価\880

「現代の若い女性はともかく、無差別に経験してゆきます。前後左右かなり感覚的な主人公ケイの小宇宙をえがきながら・・・それでも女としての、大人としての生命、愛、自由、不安といった、とても人間的な問題を試行錯誤しながらでも考え、生きてゆく女の態を書きたかったのです・・・・・」 さすが安井かずみさんの描き下ろし小説だけあって、ファッションやグルメなどの
風俗描写がおしゃれです。「日本のサガンついに登場!!」と帯書きのコピーにも・・・。

  ■B-06676
自由という名の服を着た女 \2200

安井かずみ/勁文社/1984
初/文庫/状態B/定価\380

「ごく普通の育ちの普通の女が、二十歳過ぎた頃がら自由に生きてみようかしらと軽い気持ちで思い始めて・・・そんなこんなで自由に仕事をし、自由に恋をし・・・・、自由と名のつくことは、ほとんど手に入れ、そして自由に生きてきた・・・・。自由という名の服を着て、頑張ってきた・・・今はその服を少しずつ脱ぎ始めている」 最期まで自由を纏っているかのように演じていたようにも思える安井かすみさんですが、意外と素直な語り口の自伝的エッセイです

■B-04171
愛するあなた    sold out

鈴木いづみ/現代評論社/1973
初/四六/状態B/カバ/絶版/定価\680


死して20年、自分が何処にも属さない人間と感じながえらもかけ抜けた時代への違和感を素直を綴ったエッセイ集。今も新たな信奉者が生まれている伝説のサイケな女王の不思議な魅力がほとばしる。

再入荷
■B-02800
交詢社の百二十五年   sold out 

財団法人交詢社/2007
A5/状態A/非売品

1880年に福澤諭吉の提唱で結成された慶応義塾出身者が中心の倶楽部「交詢社」。名称は「知識ヲ交換シ世務ヲ諮詢スル」に由来、社交という概念が定着し難い我が国にあって唯一の紳士倶楽部ともいえる。長年発行されてきた「紳士録」は2007年を持って休刊。1929年に建てられた風格のある交詢社ビルにはビアホール、ピルゼンなどが入っていたが、2004年には建物の一部を残し、全面的に建て直しされた。本書は創立から2005年にまでの125年の通史。

  ■B-02798
交詢社現代史  \2000

財団法人交詢社/2007
A5/状態A/非売品


1880年に福澤諭吉の提唱で結成された慶応義塾出身者が中心の倶楽部「交詢社」。1981年刊行の「交詢社百年史」に続き、1981年以降から創立125周年を迎えるまでの25年の歴史。

  ■C-00388
オールド・ファッション .普通の会話 東京ステーションホテルにて 
sold out
江藤淳・蓮實重彦/中央公論社/1988
初/文庫/状態B/定価\420


食堂・食後のコーヒー(グリルで)・ブランデーを飲みながら(205号室)・チョコレートの時間(205号室)・朝の食堂・朝の対談(205号室) 東京駅のホームの放送が聞こえるステーション・ホテルにて江藤淳と蓮見重彦が繰り広げた多彩な内容の対談。江藤淳は20世紀の最後の年に自らの命を絶ち、クラシックなステーション・ホテルも現在は東京駅改装工事にともない休業中。この対談も今は昔の物語となったのでした。

再入荷
■B-06173
銀座百景 GINZA 100 VIEW  \1300

銀座百点会/1988
13px18p/状態C/化粧箱にシミ/定価\2000

商店組合が出すタウン誌は多数ありますが、「銀座百店」はさすが日本を代表する繁華街銀座のものだけに、歴史、水準とも随一。本書は、1988年に400号を記念して出版された記念号。誌面を飾ったか数々の美しい写真とコピーが気が利いています。「銀座百店」と同じ版形の冊子4冊を化粧箱に収めています。

    

 
■B-01986
路上の宝石     \1500

松山猛/青英舎/1983
初/12px18p/状態C/奥付シミ/絶版/定価\1930

洒落者、松山猛が世界各国の都市の雑踏の中の美しさを撮り下ろしたコンパクトなポストカードサイズの写真集。ちょっと口当たりが良すぎですが、松山氏の好みが満載。

■B-01439
亜細亜道楽紀行     \1100
 
松山猛/NHK出版/2004
初/A5/状態B/定価\1800


骨董、お茶、食べ物、道楽の達人が選んだ「旅」の先はアジア。台湾、中国、ベトナムの、懐かしさと美味しさを求めて・・・。

  ■B-00713
バースデイ・セイント     sold out

編:鹿島茂/飛鳥新社/2000
初/四六/状態A/ページ折れ/品切れ/定価\1500


キリスト教では、1年365日の全てが聖人の祝日になっていることはご承知のことと思いますが、本書では、それぞれの聖人をひとりひとり紹介。自分の誕生日の守護聖人について知っておくのも楽しいかも・・・。

  ■B-00215
青春のハイエナたちへの手紙      sold out

白石かずこ/三笠書房/1970
初/11px19p/状態B/絶版/定価\490


60-70年代カウンターカルチャーの象徴的な女性といえば、その迫力の風貌からも詩人の白石かずこさんが思い出されます。本書はその白石さんが活きの良い言葉で綴ったエッセイ。ゴーゴー、フーテン、ビートニク、ヘンリー・ミラー、森茉莉、片山健、などなど、時代のキーワードがいっぱい。

■B-01617
面白半分対談         \1500

吉行淳之介/講談社/1971
初/四六/状態B/帯/絶版/定価\550


週刊読売誌上で繰り広げられた吉行淳之介と各界の面白半分な面々との対談集。お相手は:田中小実昌、水森亜土、岩田専太郎、加賀まりこ、青島幸雄、殿山泰司・・・などなど

■B-02244 
アメリカふたりぼっち      
sold out  
マイク・真木 前田美波里 表紙イラスト:和田誠 大和書房/1971
初/四六/状態C/帯/絶版/定価\400


「バラが咲いた」で一躍人気者になったなったものの芸能生活に疑問を感じて雲隠れし非難を浴びたマイク真木は資生堂の水着ポスターで一世を風靡した婚約者の前田美波里とともに一切をすててアメリカへ。なけなしのお金を取られながらも、インディアンの青年と知り合ったり美波里のおばあちゃんを訪ねたりして広い大陸をキャンピングカーで横断。その後カルフォルニアではわかガイドとモデルで資金稼ぎをし、はてはナイトクラブの歌手デビュー・・・・。1年3ヶ月におよぶ若い二人の体当たりの記録。

  ■B-02876
サングラスの少女     \1200

北山修/中央公論社/1979
初/四六/状態B/ビニカバ・帯/品切れ/定価\780


サングラスをかけないと すべてが二重に見える不思議の国で 少女が出会った おかしな大冒険 コトバの魔術師「自切拝人(ジキルハイド)」のイメージを得て北島修が送る幻想の書き下し物語。

   ■B-02221
45パーセントのしあわせ     \850

落合恵子/新書館/1971
初/四六/状態C/天・小口シミ/定価\590


深夜放送のパーソナリティー、レモンちゃんとして多くの若者の支持を受けていた落合恵子さんの人気絶頂期のエッセイ集。「1センチだけ背のびをさせて」とか「オレンジ片手に眠る夜は」とか、今読むとなんだか気恥ずかしい言い回しも多いのですが、しっかり70年代の青春しています。

■B-01935
岸田今日子 ひとみしりな入江       \1900

岸田今日子/大和書房/1978
初/A5/状態B/帯 著者署名(山藤章二宛)/絶版/定価\980


翻訳、童話も手がける岸田今日子さんのメルヘンチックな創作集・・・と思いきや、さにあらず。かなりエロチックで毒を含んだ大人の童話集です。

■B-01068
マリー・ラフォレの伝説と物語     sold out

マリー・ラフォレ/訳:持田明子/白水社/1983
初/四六/状態C/背ヤケ/品切れ/定価\1700


「太陽がいっぱい」の鮮烈なイメージが忘れがたいマリー・ラフォレですが、シングルマザー、歌手としての顔も。そして80年代からは物語作家としての才能も開花させました。美貌の著者ゆえにロマンティックな内容を期待してしまいますが、岸田今日子さんの本同様、エロチックでシニカルで寓話的な短編集。でも表紙を飾る美しいプロフィールの力は絶大??

■B-00667
風のエッセイ        \900

森瑶子 イラスト:橋本シャーン/蒼樹社/1995
初/状態C/品切れ/定価\1800


大人の男女のお話を得意とする森瑶子さんのエッセイではありますが、存外素朴で率直な森さんの日常の思いや姿が垣間見られますが、ダイナミックでけして所帯じみないのはさすが。親しくしていたイラストレーター橋本シャーンさんの目を見張るようなカラフルな挿画が森瑶子さんに相応しく、大輪の華を添えています。

■B-01440
今宵も、ひたすら一生けんめい     \900

有馬秀子/ソニー・マガジンズ/2002
初/四六/状態B/帯/定価\1365


昭和23年、東京・五反田で喫茶店「ギルビー」を開業。昭和26年、店舗を銀座コリドー街に移転、店名を「ギルビーA」とし、喫茶店からバーに変更。以来、50年以上にわたり同店を経営。平成14年には満100歳を迎えた現役ママの回想録。

  ■B-01447
ザ・ラストワルツ 「姫」という酒場   sold out

山口洋子/双葉社/1996
初/A5/状態C/品切れ/定価\2200


作詞家にして直木賞作家、山口洋子さんが長年ママを勤めたクラブ「姫」の歴史を彩った伝説のホステスたち、客であった梶山季之、五味康祐などの文士たちとの交流、水商売の攻防戦などなど・・・。華やかさと悲哀が相半ばする銀座の夜の世界を、気風の良い語り口で綴っています。数多い写真の中には、かつて姫のホステスでもあった、後に「順子」のママ、和田浩二と結婚した田村順子さんや火事で焼死した元ミスユニバース日本代表の飯野安住代さんなどの姿も・・・。

■B-02632
文壇バー 君の名は「数寄屋橋」     \1200

園田静香/財界研究所/2005
初/四六/状態B/帯/定価\1600


本書は、昭和40年代に銀座にオープンし、多くの作家に愛された「数寄屋橋」の37年目のリニューアルオープンを記念して出版された。数多くのエピソードを語る著名人には、森村誠一、阿刀田高、伊集院静、椎名誠、村松友視、40名ものが名連ねてられています。

■B-05137
風紋25年      
 sold out
林聖子//1986
初/四六/状態B/ ビニカバ/品切れ/定価\


新宿ゴールデン街「風紋」の林聖子さんは少女時代にその母秋田富子さんとともに生前の太宰治と親交があり、小説「メリイ・クリスマス」のモデルにもなった人。成人した後は、太宰の勧めで新潮社や筑摩書房で働き、その後演劇人を経て、1961年に「風紋」をオープン、多くの作家が集まる文壇バーのマダムとなった。本書は創業25年を記念して出版されたもの。

■B-05136
新宿 風紋30年アルバム     sold out

//1991
初/A5変/状態B/品切れ/定価\


同じく「風紋」の創業30年を記念して出版された出版物。アルバムのように数々の写真をに配し、その合間合間に対談などを挿入。右の写真は、井伏鱒二、   と聖子さん。


  ■A-00680
アメリカに生きる彼女たち 
1949〜1995雑誌に見るアメリカ女性像       
 sold out
片岡義男/研究社/1995
初/A5/状態A/帯有/定価\2800


戦後のアメリカ文化の薫陶を受け、アメリカナイズされた作品を得意とする片岡義男が、憧れのアメリカンドリームの50年代から現代までのアメリカ女性像を雑誌広告などの中から読み取る社会風俗論。ベターハーフ(家庭夫人)としての理想像を求められた保守的な時代から、ウーマンズリブ運動の時代を経て、社会の過半数として自然体で活躍する現代の女性達まで、それぞれの時代の女性の位置づけが面白い。300点を超える図版も必見。

  ■B-00768
ハロッズ 伝統と栄光の百貨店     
sold out
ティム・デール/リブロポート/1982
初/四六/状態B/絶版/定価\1300


英国王室御用達の高級デパート、ハロッズの誕生とその軌跡。
1 別世界に入ろう /2 ハロッズの歴史 /3 ハロッズの売場 /4 売場を支える力 /5 別世界の仕事 /6 株式会社ハロッズ /7 世紀のセール /8 統計資料あれこれ /9 明日のハロッズ

  ■A-00689
大いなる酒場 ウェスタンの文化史       \3000

リチャード・アードーズ/訳:平野秀秋/晶文社/1985
2刷/A5/状態C/帯/定価\3600


新大陸にやってきたピルグリム達が次に向かった西部。その最前線で常に文化的な中心となった酒場の果たした役割とそれぞれの時代風俗を考察。

■B-01044
アンデルセンください デンマークとオランダ・ベルギー    sold out

ひらいたかこ/磯田和一/東京創元社/1995
6版/A5/状態B/定価\1350


デンマーク・オランダ・ベルギー・・・おとぎの国をスケッチしたイラストレイテッドガイドブック。ハンブルク発、0時22分/ケベンハウン着、6時50分/デンマークの郵便局事情/フェリー・ボートが実に楽しい/ダン・メニュー(定食)について/アンデルセン物語(大ダイジェスト版)/フユン野外博物館デンマークのツーリスト・インフォメーション/DSBでのんびりと/はみだしレポート〔ほか〕

  ■B-00174
N.Y.GOLD vol.1 
AN EXCLUSIVE DIRECTORY OF LEADING NEW YORK TALENT                                 \1850

NEW YORK GOLD INC./1987
A4/状態C/カバスレ


ニューヨークで活躍するカメラマン、グラフィックデザイナー、イラストレーター、アニメーター、ミュージシャン、ビデオ・フィルム作家、服飾デザイナーなどを作品とともに紹介する分厚いガイドブック。

■B-00664
スーパーガイド アイラブニューヨーク     sold out

宮本美智子 イラスト:永沢まこと/文藝春秋/1986
初/文庫/状態A/品切れ/定価\520


「ユダヤ人、イタリア人、黒人、ワスプ、日本人、韓国・・・・ニューヨークに生きるさまざまな人達と、この世界の大都市の魅力を語る」イラストテッドガイド。 ニューヨークに長く暮らし、彼の地で出会った宮本美智子さんと永沢まことさんのカップルだからこそのニューヨーク情報も満載。

■B-00570
ニューヨーク人間図鑑         ¥850
 
文:宮本美智子 イラスト:永沢まこと/草思社/1980
4刷/A5/状態B/定価\1375(現価格\1785)


地下鉄族、大道芸人、ジョガー、キャリアウーマン、ミュージカル・ダンサー、ゲイ・・・・。エキサイティングな大都会ニューヨークを演出するおかしなおかしなニューヨーカーたちを生き生きと描きだしたイラストレイテッド・エッセイ。自らも長年のニューヨーカーであった宮本美智子さんと永沢まことさんのカップルの共作。

■B-00762
ノンフィクション・ニューヨーク     \650

永沢まこと/草思社/1991
4刷/A5/状態B/カバ痛/定価\1600


こちらは永沢まことさんによるイラストレイテッド・ルポルタージュ。ショッピングバッグレディが住み着いてしまったグランド・セントラル駅待合室、犯罪者の集まるシェルター、などなど大都会ニューヨークの光と影を活写。、

  ■B-02967
THE BEAT GENERATION IN NEW YORK  
A WALKING TOUR OF JACK KEROUAC'S CITY                    \1900

Bill Morgan./City Light Book/1997
11.4px 21.5p/状態B/英文


ケアルックやその仲間達のNYでのゆかりの地や場所を散策し、「ビートジェネレーション」の日々を写真と文章で回想するガイドブック。

■B-00661
NEW YORK CITY  \1,500

WATSON GUPTILL/1998
初/27px16.5p/状態A/英文


9.11以前に出版されたエスプリに富んだニューヨークのアンソロジー。NYの歴史、エンターテイメント、ファッション、スポーツ、フード、などなどを美しいビジュアルで見せる充実の1冊。

再入荷
■B-03780
アメリカ雑誌全カタログ    sold out

常盤新平・川本三郎・青山南/冬樹社/1980
2刷/A5/状態B/品切れ/定価\980


ビルボード、エスクワイア、ナショナル・ジオグラフィック、ハーパースバザーなどなど、皆様ご存知の雑誌から、真に米国的マイナー雑誌まで、1980年当時出版されていた雑誌を通してアメリカ文化を垣間見ることができる。スーパーリアルなカバーイラストが80年代の幕開けを語っています。

■A-00183 
アメリカン・ガールズ・ハンディブック \1,200

リナ・ビアード他/訳:小林典子/朝日ソノラマ/1995 
3刷/A5/状態A/定価\2,200


開拓時代以来、少女達の遊びの中で伝授されてきたアメリカの女性の生活のアイデア(料理、手芸、ゲーム、パーティなどなど)をイラスト入りでビジュアルにまとめた素敵なハンドブック。

■A-00666 
全生活カタログ 
sold out
アーネスト・カレンバック/晶文社/1985 
重/菊/状態A/定価\1,980


これまた’70年代らしい「エコロジー+ユートピア=エコトピア」をテーマとした著作もある著者によるライフスタイルエンサイクロペディア。

再入荷
■B-02899
地球の上に生きる    
sold out
アリシア・ベイ=ローレル 訳:深町真理子/草思社/1972
3刷/28px21.5p/状態C/カバーイタミ/定価\750


エスタブリッシュな両親のもとを離れ、アメリカ中を放浪をしその後、ヒッピーのコミューンで実際に生活した若い女性が自由自足の生活方法をイラスト入りで描く、いかにも70年代風のハウツー本。料理や着る物の作り方、出産の方法などなど、団塊世代には懐かしくもどこか面映く感じられるかもしれない内容は、今どきの若者にはきっと新鮮なはず。91年に B 5 判で復刻されていますが、こちらは70年代に出された大判のもの。

■B-00080
Town 9 公園がある。美術館がある。
ここは街です。   sold out

田中一光 ほか/西武百貨店/1976
30px21.5p/状態C/箱スレ/定価\7000

1935年菊屋デパートとして開店、1940年に武蔵野デパートと改名、池袋のローカルなデパートとしてさえない存在であった西武百貨店は、70年代のパルコの成功、渋谷への進出、イメージ戦略と文化事業におけるリーダーシップにより、80年代、90年代に一大流通王国を築いた。西武池袋店リニューアルを記念して出版された本書では、時代を先導するさまざまなブレーンの参画による数々の新しい試みが紹介されています。セゾングループが崩壊した現在、今はむかしの感しきり・・・・。

■C-01210
東京アートウォーク 
京都書院アーツコレクション166  
  sold out
鈴木彰二/京都書院/1998
初/文庫/状態B/絶版/定価\1200

こちらは東京の各エリア、スポット、コーナーで見られるモニュメント、スカラプチャー、ほかパブリックアートを紹介したガイドブック。

■D-00094
建築グルメマップ1 東京を歩こう!      sold out

エクスナレッジ/2001
2刷/文庫/状態A/帯/定価\1470


写真900点(収録建築数1800)。徹底的な地図と写真で構成した建築見て歩きガイドブック。観光スポットでなくても東京はこんなに面白い!!

 
■A-01384
悲喜劇 1930年代の建築と文化       
sold out
同時代建築研究会/現代企画室/1981
初/菊変/状態B/背ヤケ/絶版/定価\2500


モダニズムの台頭した1930年代を、近代建築と映画、漫画、レコードなどの文化で俯瞰した優れた都市文明論。

■A-01385
昭和20年 東京地図       
sold out
文:西井一夫 写真:平嶋彰彦/筑摩書房/1986
初/菊変/状態B/帯少ヤブレ/絶版/定価\2500


昭和21年に出された戦災消失地域表示の付いた「東京都三十五区分地図帳」をもって現在の東京を歩く。昭和20年を境に消失したもの、、その後壊されたもの、今もなお残るもの・・・、さまざまな都市の記憶を歩く。

■A-01386
昭和・平成 家庭史年表 1926⇒2000       
sold out
下川耿史 家庭総合研究会/河出書房新社/2001
改訂増補初/菊/状態B/帯/定価\5145


1200冊の社史・業界紙・行政資料、地方紙60を中心に、15万枚のカードから掘り起こした実生活の記録を衣・食・住、文化・レジャーなど4ジャンルで構成。サラリーマンの初任給、日の丸弁当っが生まれたとき、近代アパートの始まりなどなど・・・・

■A-01387
東京現代建築ほめ殺し      sold out

建築三酔人/洋泉社/1997
初/四六/状態B/帯/定価\2018


正体不明の「建築三酔人」の対談形式による痛快な建築案内。建築界に横行する難解な用語、仲間ぼめの談合体質もいっさいナシ。東京の街にエラソーに建つ現代建築の数々を、あるときは笑いのめし、あるときはほめ殺し、またあるときは都市論への広げのなかできっちり裁断する。

■A-01388
浅草 ラビリンス        
sold out
ポチ/ペンギンカンパニー/1986
初/A5/状態B/帯/定価\1575


かつては大衆の繁華街として東京一の賑わいを見せた浅草。ノスタルジックなエリアとして東京人にとっても観光気分に浸れる浅草の魅力が満載のガイとブック。

  ■A-00813
宵待草 竹久夢二歌の絵本 CD付き    sold out

矢沢寛編/大月書店/1992
初/22px17p/状態A/絶版/定価\3800


大正初期から昭和にかけて妹尾幸陽によって刊行されたセノウ楽譜は竹久夢二の表紙によって評判であった。本書では欧米の楽曲や日本の叙情歌を紹介したセノウ楽譜を夢二の表紙とともに紹介。

■A-00814
昭和モダンアート2  現代図案カット大集成復刻          
sold out
辻克己編著/凱PC/1985
初/A4/状態A/絶版/定価\1800


昭和初期はアールデコ様式のデザイン、アートの全盛期。今見てもおしゃれで洗練されたグラフィカルなカット集の復刻版。

■A-00864
昭和浪漫図鑑          sold out

町田忍/WAVE出版/1998
初/A4/状態A/帯/定価\1800


「子供に語りたいお父さんが好きだったもの。鉄腕アトム、コッペパン、オート三輪車、虫下し、駄菓子屋、チンチン電車、力道山、チョウチンブルマー、忍者ごっこ、渡辺の即席しる粉などを著者自らのイラストと貴重な資料で綴ったエッセイ(帯書き)」

■B-02075
ノスタルジア     
sold out 
マイケル・アングロ 訳:川成洋 佐藤恭三/PMC出版/1991
初/四六/状態B/帯ヤケ/絶版/定価\2575


写真107点と文で追想する、ヨーロッパ・アメリカ懐かしの30年代風俗史。技術・映画・ジャズ・ギャング・ファッション・ファシズム・戦争―。ロンドン・イースト・エンド生まれのマルチ・タレント(文筆家・イラストレーター・服飾デザイナー・雑誌編集者)の著者が追想する激動の10年。あの紫色の時代に想いを馳せれば、今が見えてくる。

■A-00644
世紀末の装飾 上  クラシック・パターン・シリーズ      \1000

M・ヴィザ-/マール社/1990
5刷/A4/状態A/定価\2060


世紀末装飾といえばすなわちアールヌーボー。本書はアールヌーボー様式のフレームやボーダーなどのパターンを集めたもの。

■A-00708
VISUAL MESSAGE 1 ヴィジュアル・スキャンダル      \1200

ごま書房/1978
初//状態B/定価\1600


スーパーリアルな表紙、パロディー作品、糸井重里、湯村輝彦、浅葉克己などの執筆陣など、よろそろ80年代トレンドの萌芽が見られるようになった70年代末期に登場したヴィジュアル雑誌の創刊号。

■A-00631
iichiko design 1993     
sold out
日本ベリエールアートセンター企画/1993
30px21p/状態B


新感覚の焼酎「下町のナポレオン いいちこ」は、パッケージ、ボトル、広告に至るまで、あかぬけたセンスの良いイメージ戦略が新鮮でした。1993年までも広告、CMなどを紹介する美しい本。

■A-00630
SHISEIDO WINDOW ART100 1963〜1993    
 sold out
求龍堂/1993
A4/状態A/定価\5900


和光と並び、常に話題になった資生堂銀座本店のウィンドウワークの30年間の作品をまとめた一冊。

新着
■B-06456
フォト・ドキュメント歴史の旅人 
松本清張のケルト紀行    sold out

松本清張 写真:飯田隆夫/NHK出版/2000
初/22.5px15.5p/状態B/カバ・帯

1985年に考古学者の佐原真とともに行ったスコットランドなどの巨石文化踏査のドキュメント。前半は取材写真、後半は清張の取材ノート、清張・佐原と現地の学者たちとの対談などでまとめられている。
  HOME