ページ: 音楽  01 | 02 | 03    ヤング・ギター 0102   音楽雑誌     

映画 01      バレエ・舞踏・演劇 01 | ダンスマガジン etc.

再入荷
■B-07158
歌手中山千夏〜おりじなる・ふぁーすと・あるばむ  \7800

ブルース・インターアクションズ/1999
初/A5/状態A/帯 CD付/定価\3300

名歌手・中山千夏、ここに復活!名子役から歌手、参議院議員、作家・・・不思議な魅力で一世を風靡したマルチタレントの代名詞、中山千夏の歌手デビュー30周年を記念して出版されたレア本。
◆ヒット曲「あなたの心に」を含むビクター音源22曲を完全収録。
◆自身による痛快無比の楽曲解説◆和田誠氏の巻頭エッセイ◆初公開!全作品リスト

   ■B-06061
How to Play Air Guitar 
エアギター入門/空ビギター付     \1800

Ian West & Steve Gladdis/Chrysaiis InpaCt
20.5px20.5p/状態C

ギターを持たずしてギターをプレイする・・思い入れたっぷりに身振り手振りパフォーマンスするその姿は実に滑稽ですが、本人達はいたって大真面目。1996年以来世界大会も開催されており、ボイスパーカッションと並ぶ新しい音楽パフォーマンスとして注目されている。本書はそのテクニックを写真入りで詳しく指南する入門書。空気て膨らむビニール製のギターが付いているのも、正にエア・ギター。

  ■B-06165
旭とひばりは歌う! 結婚記念ヒット全曲アルバム 
平凡 昭和37年12月付録   \1000

平凡出版/1962/20.8px18.1p/状態C

小林旭と美空ひばりの超ビッグカップルの結婚を祝して特集された月刊誌、平凡昭和37年12月号の付録。

■B-04837
唄のジュークボックス 平凡9月号第1付録    \1300

平凡出版/1959
10.5px14.5p/状態C

表紙:平尾昌章 ペギー葉山 ヒット曲:南国土佐を後にして 東京ナイトクラブ ネリカンフルーす 可愛い花 特集:テーマソング:バス通り裏/少年探偵団の歌/光子の窓/おトラさん コマーシャルソング:ヤン坊・マン坊の歌 ロッテのCMソング 明るいナショナル  

■A-01726
ミュージック・マガジン増刊 ミュージック・ガイドブック      \980

ミュージック・マガジン/1983
A4/状態B/定価\1200

ロック:人名事典/用語辞典/アルバム156選  ポピュラー音楽/ポピュラー・ブラック・ラテン ブルース・R&B・ソウル・ゴスペル:黒人音楽入門/人名事典/レーベル紹介ほか ジャズ:パーカー以後のジャズ/10人のミュージシャン/アルバム30選ほか サルサ:入門/10人のミュージシャン/イラスト打楽器解説 レゲエ:入門/人名事典/用語辞典ほか アフロ・ポップス:アフリカの新しい音楽/4人のアーティスト/地図ほか ポップス:フォーク・カントリー・トラッド・シャンソン・カンツォーネ・カリプソ・フォルクローレ・タンゴ 民族音楽 ほか 

■B-06679
ブルー・シャトウは永遠なり     sold out

ジャッキー吉川/近代映画社/2000
初/四六/状態B/帯/定価¥1700

井上大輔(2000年5月逝去)の死をきっかけに、バンドリーダーが記した「ブルー・コメッツ」の
結成前から解散までのさまざまなエピソード。「秘蔵写真」等も多数収録。

■B-06680
スパイダースありがとう!     sold out

井上堯之/主婦と生活社/2005
初/四六/状態B/定価¥1400

ガン克服から、再出発へ… 実力派ギタリストの波乱万丈!
今だから言えるあの頃、あの時…涙と笑いのヒューマン・ヒストリーを初公開!
スパイダース時代の貴重な写真も満載。


■B-04832
テケテケ伝      \1200

寺内タケシ/講談社/2000
初/四六/状態B/帯/定価\1500

5歳でギターを手にし、エレキギターを発明した、彼のために実業家であった父が高校を作った、60年代、海外からの来日バンドがそのテクニックに圧倒されて白旗をあげた、ミュージック・ブレーカー誌」に「世界三大ギタリスト」として紹介された、エド・サリヴァン・ショーへの出演依頼が舞い込んだ、GSブームを生んだ・・・・などなど、「エレキの神様」寺内タケシのさまざまな伝説がぎっしり詰まった自伝。

■A-01760
ウクレレで弾く 加山雄三ベスト   sold out

シンコーミュージック/1999
初/B5/状態B/定価\1500

ウクレレといえば、今ではジェイク・シマブクロですが、店主の世代では、牧伸二か加山雄三かが思い浮かぶのです。ということで、本書は、所収33曲、コードダイアグラム付きで加山雄三のウクレレ・ヴァージョンの代表曲をすべて網羅。

■B-04833
六本木ケントス物語      sold out

島 敏光/扶桑社/2008
初/四六/状態B/帯/定価\1500

70年代半ば、六本木のフレンチレストランが日本発のライブハウスとして生まれ変わった。オールディーズという言葉すらなかった当時、50-60年代のロックンロール、ポップスを演奏、「アメリカン・グラフィティ」「グリース」「グローイング・アップ」などの映画のヒットもあって、業界人やセレブが集まる人気スポットに・・・。オープンまもなくケントスと深く係わるようになった島敏光(黒澤久雄の従兄弟)が、ケントス社長、初代バンドメンバー、黒澤久雄、林ゆたかなどへのインタビュー、様々なエピソードを織り交ぜん、当時の熱気をそのままに、一気に書き上げています。

■B-00162 
喜納昌吉チャンプルーブック \2,400

企画:ハイサイ/JICC/1991
初/A5/状態A/帯/定価\1,700


自らをシンプルにして、音楽以外のものからも多くのことを伝えたいという意志が伝わってくる本。インタビュー、そしてその「誕生」から1991年までの年譜がよくまとまっている。

  ■B-04097
千夏千記   私の人間食べ歩き    \1500

中山千夏/大和書房/1974
7版/四六/状態B/帯/絶版/定価\790


もと天才子役、60年代から70年代にかけて個性的な魅力とマルチな才能を持つ女優として一世を風靡した中山千夏の風変わりな魅力が満載。 子役時代の思い出から自らの結婚生活について語るかと思えば、出歯亀、ゲイバー、ストリップ、秘密クラブなどへの潜入記あり、ピーター、田村順子、なかにし礼、太地喜和子、秋田明大、藤圭子、高倉健、ほか当時の時のひとについての人物評などなど、縦横無尽、愉快痛快なエッセイ。

■B-04179
東京パフォーマンスドール 
オフィシャルハンドブック     \1200

学研/1993
初/A5/状態C/カバヤケ/品切れ/定価\1500


1990年から1996年に活躍したダンスポップグループ「東京パフォーマンスドール」。ソロで活躍する前の篠原涼子が初々しい。原宿ルイード出身だけあって、おにゃんこ、モーむす、AKB48など、いわゆるカワイコちゃんグループとは一味違うセンスの良さがありましたね。でも、時代の先端を行ってたものって、10-15年後くらいが一番アウトかも。

  ■B-03860
Erik Satie 
Twenty Short Pieces for Piano
: Sports et divertissements          \2800
 
Erik Satie illustrations by Charles Martin/Dover Publications.Inc.
A4/状態B/英文

エリック・サティのピアノ小作品20曲を収録した楽譜集「スポーツと気晴らし」 表紙以外はモノクロではありますが、アールデコのイラストレーター シャルル・マルタンのレトロな装画が花を添えています。

■B-03669
ビリー・ホリデイ 汚辱と苦悩を歌う女        \1200

メディア・ファクトリー/1992
初/四六/状態B/品切れ/定価\1300


「ジャズ史上最高の女性歌手ビリー・ホリディが生まれたとき、まだ父は15歳、母は13歳だった 10歳のときレイプされ、12歳で娼婦になった・・・そして15歳の運命の夜、彼女はあるジャズクラブの扉を開けた」 その伝説的な生涯は映画や舞台の「奇妙奇妙な果実」でも有名なビリー・ホリディの評伝。写真も多数挿入されています。

■B-00071
Studio Voice 1994.10 パリのジャズ物語 
 sold out
INFAS/1994
30cmx22.5cm /状態A/定価\600


ジャスのメッカといえば、NYやニューオリンズ(奇しくもニューオリンズ=ヌーベル・オルレアンはジャンヌ・ダルクの故郷にちなんでその名をつけられたもとフランスの植民地であった)を連想しますが、ジャンゴ・ラインハルト、ジョゼフィン・ベーカーの昔からパリのジャズも忘れがたい存在です。ボリス・ヴィアンや実存主義、ヌーベルバーグ映画とジャズなどなど、一味ちがうおしゃれジャズの特集号。

■C-00481
ジャズ ベスト・レコード・コレクション  \800

油井正一/新潮社/1988
6刷/文庫/状態A/絶版/定価\480


「スタンダード」という呼称はNYの「ティンパン・アレー」から生まれたとの説もあるのだとか…。半世紀を越えるジャズの歴史から最高の100曲を厳選。歌手別・ディスコグラフィーも併録。


■C-00482
ジャズ・スタンダード100  \1,000

青木啓/海野弘/新潮社/1988
初/文庫/状態B/帯/絶版/定価\520


ジャズのA to Zをコンパクトにまとめたジャズ入門に最適な一冊。著者による「ジャズ・コレクションの楽しみ方」が秀逸。長谷川集平、片岡義男、矢吹申彦…によるJAZZ ESSAYも楽しい。

■A-00122
ジャズ名曲マスターブック 別冊スイングジャーナル 
 sold out
スイングジャーナル/1992
状態B/定価\1,400


人気スタンダードナンバー101曲を「定番バージョン」「同系バージョン」「好対照バージョン」「異色バージョン」などの独自の切り口から分類解説する。

■A-00760
青山『ロブロイ』物語 瓔子と譲二とジャズ  \600

遠藤瓔子/世界文化社/1987
初/四六/状態C/帯/赤線/定価\1.000


60年代終りから70年代半ばまで、阿部譲ニの夫人であった著者が経営していた青山三丁目のジャズ・クラブで繰り広げられた数々のエピソード。当然「ソノスジ」のハナシもたくさん出てきますが、三上 寛やら矢野顕子(当時15歳)など出入りのミュージシャンらの逸話は特に興味深い。 

B-00244
ur No.12 フレンチ・ポップス  \2,000

ペヨトル工房/1998 A5/状態A/定価\1.165


日本ではフレンチ・ポップスを音楽性で評価するというより、何かおしゃれ関係的(こんな言葉はありませんが・・・)な面で評価している向きが多いのでは?本書の覆面座談会でそのあたりのことが皮肉っぽくとり沙汰されているのが面白い。そのほかにも「フレンチシャンソンのロリータたち」「歌う女優達」「ゲンスブールと女性たち」「コンプリート・サラヴァ」などなど、フレンチ・ポップスファンにはたまらないコンテンツが充実しています。

B-01355
ユリイカ7月号 増頁特集 セルジュ・ゲンスブール    
sold out
青土社/1995
A5/状態B/定価¥1500


音楽・言動・スキャンダル・ファッションに至るまで、チョイ悪、いや大いなる不良親父の魅力で生き通したゲンズブールを特集。


詳細
■B-04379
GAINSBOURG ET CAETERA  sold out
 
Gilles Verlant Isabelle Salmon/Vade Retro/1996
12.5px14p/状態B/仏文


フランスの大いなるクセモノ男ゲンズブールの33年にわたる多彩な芸能活動をCDブックとしてコンパクトにまとめたヴィジュアル本。ブリジット・バルドーやカトリーヌ・ドヌーブらとのツーショットもありますが、やはりジェーン・バーキンとその娘たちとの日常生活の写真や、デビュー当時の初々しい写真などが満載。粋でワルでしかもキュートの一言につきる1冊です。

■B-00254
mes annees 60  sold out

Jean-Marien Perier/filopacchi/1998
初/33cmx27cm/状態B/限定1378: /仏文


芸能写真を数多く手がけたフランス人フォトグラファー、Jean-Marien Perierによる「我等が60年代」と題されたズシリと重い写真集。シルビー・バルタン、ジョニー・アリディ、フランス・ギャル、ミッシェル・サルドゥー,フランソワ−ズ・アルディーなどのポートレートや雑誌 Salut Les Coupain などのグラビアの為に撮られた、60−70年代フレンチアイドルのキラ星のごとき写真がいっぱい。ところで左の写真のミュージシャン風の男、一体誰かお分かりですか?ヒント:70年代にはトッポいサングラスとジャンプスーツでノリにノッテいたフレンチポップス界のスターです。

■B-00267
FRANCOISE HARDY notes secretes   
sold out
Eric Dumont/Albin Michel/1991
初/31cmx22.5cm/状態A


60−70年代にはファッションモデルとして雑誌ELLEなどのグラビアを飾ったこともあるフランソワ−ズ・アルディー。知性派美形は80年代以降、さらに独特のエスプリを漂わすシンガーとして日本でも根強い人気を誇っています(日本人は知性派美人に弱い?)。本書は多数の写真と歌詞、譜面を網羅しながら彼女の音楽活動をまとめたもの。

 
B-00048
エンリコ  \2,200
 
マルセル・ムルージ/訳:安岡章太郎・品田一良 装丁:細江英公
中央公論社/1975
初/四六変/状態B/帯・ややヤブレ・書き込み/定価\680


シャンソン歌手というよりミュージックホールの芸人という方がぴったりのマルセル・ムルージ。アルジェリア人の父とフランス人の母のお間に生まれ、パリの移民街ベルヴィルの貧民窟で育った悲惨な少年時代を綴った自叙伝。サルトルに実存主義の申し子と呼ばれ、役者、歌手、劇作家、小説家としても活躍したムルージですが、近頃ではすっかり忘れられてしまった感があります。60-70年代には日本でもムルージの歌う「コマン・プティ・コクリコ」が流行した様ですが、そういえば中井英夫の「虚無への供物」の中にも何度となく登場しましすよね。装丁に使われているアッジェの写真もいい味を出しています。

■B-00776
薔薇色のゴリラ 名作シャンソン百花譜    
sold out
塚本邦雄/人文書院/1977
重版/四六/状態B/定価\1,900


塚本邦雄のジョルジュ・ブラッサンス狂いは寺山の「不思議図書館」の「歌うゴリラのシャンソン読本」でも紹介されているが、本書ではその歌うゴリラ、ブラッサンスをはじめとした往年のシャンソン歌手とその持ち歌を論評。ピアフ、ダミア、グレコなどは勿論のこと、パタシュー、アモン、ムルージ、バルバラなど通好みが並んで、さすが。ちなみに、この歌人にかかるとジョニー・アリディやシルヴィ・バルタンばかりでなく、ボリス・ヴィアンやムスタキまでがまがいもの扱いにされてしまうのでした。

■B-00535
マドンナ・コネクション    \1100

キャシー・シュウィッチェンバーグ/訳:久木葉一/DHC/1994
初/菊変/状態B/定価¥2800


気鋭の学者・評論家たちが、マドンナを解剖する。《マドンナ現象》とは何か。爆発するアメリカ・マイノリティーパワーを凝縮するマドンナのパフォーマンス。その根底には何があるのか。(カバー書き)」どういうわけだか、マドンナを語るとき、人は「おもいッきり」理屈っぽくなるのはなぜ??。

  ■B-00717
やわらかな兄 征爾    \850

小澤幹雄/芸術現代社/1986
2版/四六/状態C/献呈署名・帯 シミ/定価¥1500(現在価格\1850)


世間の評価とは裏腹に常に頑張る「努力の人」であるマエストロの素顔。北京の子供時代から「世界の小澤」になるまでを実弟小澤幹雄が語る。

  ■A-00090
クラッシックの快楽 キーワード事典      \1300

洋泉社/19891
4刷/A5/状態A/絶版/定価¥1339


「音の幾何学を楽しむ・・・バッハ」「文学者の感性と鑑識眼・・・シューマン」「「正統をすり抜ける古楽の思想・・・クリストファー・ホグウッド」などの気の利いたキーワードで作曲家や演奏者を読み解いたり、「教会」「宮廷」「国・都市・地方」「オペラ座」「コンサート・ホール」などなどのトポス的な切り口でクラシック音楽を読み解く、というカジュアルでフランクながら知的な編集。「クラシックの透視図」、「クラシック小理屈講座」などのコラムもあって、肩肘張らずにクラシックのベーシックを身につけらます。

■A-00125
西方の音   sold out

五味康祐/新潮社/1976
9刷/四六/状態B/帯/箱/絶版/定価\900


五味康祐といえば、時代小説家の傍ら、マージャン、手相見などでも有名な趣味の人でしたが、熱烈なオーディオマニアでもありました。「藝術新潮」に掲載された音楽エッセイをまとめた本書では、自ら手にしたレコードと再生装置について限りない愛情を込めて語り、高い評価を得ました。


■A-00124
モーツァルトとの散歩   \1800

アンリ・ゲオン/訳:高橋英郎/白水社/1964
再版/四六/状態C/箱シミ ヤケ/現価格\6090/定価\750


フランスの詩人アンリ・ゲオンによる神童モーツァルトの音楽に関する思索の書。本書の中でゲオンは熱愛するモーツァルトの音楽特性を「疾走する悲しみ(tristesse allante)」ということばで表現、これは、小林秀雄の「モーツァルト」でも言及されて我国でも知られることとなった。数あるモーツァルト関係の書籍の中でも重要な1冊。

■B-00998
なんたってモーツァルト   \800

砂川しげひさ/東京書籍/1990
5刷/A5/状態B/品切れ/定価\1300


カジュアルなアプローチではありますが、上記の評論同様、モーツァルトへの熱烈なる愛情がほとばしるモーツァルト関連本。

■A-01244
聞いて・見て・弾ける!ウクレレ入門(CD付)   
sold out
編集・製作:GAIN/シンコー・ミュージック/2001
初/21px28p/状態B/CD付/\1500


あなたも3日でウクレレが弾ける!レパートリーとして楽譜フューチャーされるのは「明日があるさ」「少年時代」「ブルーハワイ」「お嫁においで」「イエスタデイ」「花の首飾り」「サボテンの花」・・・など。

■A-01242 
マハロ!ウクレレ 極楽ウクレレブック ハワイアン・スタイル   
sold out
監修:山口岩男/小学館/1999
初/A5/状態B/帯少痛/定価\1470


ハワイのウクレレ工房&ショップ取材や、牧伸二ら名人達人インタビュー、国内外の人気メーカーカタログ、さらに、ビギナーのための教則コーナーまで情報満載のウクレレガイド決定版。

■A-00087
エスニック・ディスク・ガイド ぱお600  \3.500

ぱお編集部/白夜書房/1990
初/B5/状態A/帯/絶版/定価\3,300


本邦初の民族音楽ディスクガイド。アジア・ヨーロッパの民族音楽のCD、レコード、カセットテープを600点を厳選。

■A-00088
エイジアン・ポップ・ミュージックの現在  sold out

大須賀猛/ASIAN BEATS CLUB/新宿書房/1993
初/A5/状態A/定価\2.200


10年前のアジア各国のポップミュージック事情とは?人物名鑑、CDガイドなども充実、まさに「音楽版アジアの歩き方」。久保田麻琴のインタヴュー記事も収載。。

A-00089
PAO NO.5 1989 SUMMER  \1,000

あいでん舎インターナショナル/1989
A5/状態A/絶版/定価\800

超マニアックな民族音楽マガジン。特集は「アジアの楽器」。


A-00825 
The Meditation 1978春 特集:音楽と瞑想 ドラッグの起源  sold out

平河出版社/1978
27px21p/状態B/絶版/定価\980


「瞑想」をキーワードにした7雑誌は70年代に盛んに出版されました。サンタナ、ジョン・マクラフリン、クラウス・シュルツ、細野晴臣、坂本龍一などなど、その後の音楽シーンをリードしていったアーティストがこの時期こぞって「未知なるバイブレーション」を模索する手がかりを「瞑想」に求めていた事実に驚かされる。「ドラッグ体験記」が堂々と掲載され、広告欄にはインド・ネパール方面への各種「瞑想ツアー」の募集が・・・。

A-00102
滅びのチター師  
sold out
軍司貞則/文藝春秋/1982
初/四六/状態B/帯/定価\1.200


「第三の男」のテーマで知られるアントン・カラスは後年なぜウイーン社会から抹殺されてしまったのか?画期的ルポ。

■A-00123 
テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男  
sold out
竹内正実/岳陽舎/2000
四六/状態A/帯/定価\2.000


世界的にも数少ないプロのテルミン奏者でもある著者が、この楽器の開発者(テルミン氏)の誕生から晩年までの数奇な運命を愛情あふれる筆致で綴る。同名のドキュメンタリー映画の影響もあり、ちょっとしたブームにもなった。1930年代という時代は21世紀の現在以上に近未来的であったのかも?

■A-01038 
賢治の音楽室 
 sold out
編曲・指揮:林光 朗読:吉増剛造/小学館/2001 
2刷/A5/状態A/CDつき/定価\3.885


本邦初、宮澤賢治の作詞・作曲全作品集。CDつきです。

■A-00750 
革命のうたごえ 
 sold out  
編:西尾治郎平・矢沢保/一声社/1974 
限定500部/A5/状態B/60分カセット2巻歌詞集つき/定価\4.000


明治・大正・昭和の三代、「革命歌」から「プロレタリア新内」にいたるまでを60分カセットテープ2巻に収録。荒畑寒村、佐々木孝丸、岡本文弥らの歌唱、演唱を聴く事ができる非常に珍しいモノ。

■A-00092 
日中青年愛唱歌 
 sold out  
日中学院35周年記念歌集編集委員会/日中学院出版部/1988 
2刷/A5/状態A


「中華人民共和国国家」「草原情歌」「勇敢的中国人」などいかにも愛国的青少年向けの愛唱歌が並ぶ中、日本のハヤリ歌も収録。ちなみに、「美好愛情再回来把」とは、北山・加藤氏の「あの、すばらし・・・・」の中国語訳なのです。

B-04177
昭和30年代の歌       
sold out
柴田勝章 林哲司 なぎら健壱/英知出版/2006
初/A5 /状態B/CD付/品切れ/定価\1980


「アカシアの雨がやむとき」「月影のナポリ」「恋のバカンス」「星はなんでも知っている」・・・。フォーク、ロックが若者を席捲する以前、青春歌謡、演歌、欧米のポップス全盛時代に思春期を送った著者3人が、自らの音楽体験を交えながら、昭和が最も昭和らしく、戦後日本の青春期として最も輝いていた昭和30年代の音楽を語る。各年ごとにまとめられた、ヒット曲・映画・ベストセラー・流行語・日本と世界の出来事 も資料的価値あり。

 
■B-02883
歌え!若者たち 明星11月号2第付録   sold out

1966/14.5px10.5p/状態B


表紙は、ザ・サベージ(奥島吉雄・渡辺純一・林廉吉・寺尾聡)。特筆すべきは
巻末の「住所録」。なんと!当時のコーラスグループ(ブルー・コメッツ、スパイダース等GSも含む)のメンバーの個人住所を掲載。1960年代という時代の「おおらかさ」の証左か?


■A-01245
近代映画 グループサウンド臨時増刊 テンプターズNO.2   
 sold out 
近代映画社/1968 
B5/状態C/定価\380


グループサウンズ全盛時代、タイガースと人気を二分したテンプターズを丸ごと特集した増刊号。デビュ-一周年を迎えて初々しい中にもノリノリだったショーケンはじめとしてメンバーとご対面。

■B-00554 
我が名は、ジュリー 
sold out   
沢田研二/編:玉村豊男/中央公論/1986 
初/文庫/状態A/版元品切れ/定価\580


当時はアイドルとして飛ぶ鳥を落とす勢いだったジュリーが、誠実・率直に語りつくした異色の自叙伝、対談形式になっているが、相手が玉村豊男というのがなぜかミスマッチで面白い。
少年時代、青春放浪、デビューに至る道、芸能生活の舞台裏、恋愛・結婚(出版当時はピーナッツの伊藤エミが夫人であった)そして現在の心境、未来への抱負などなど。

■B-01384
ロックの子    
sold out 
桑田圭祐/講談社/1985
2刷/四六/状態B/背微ヤケ・帯/絶版/定価¥850


今から20年前に出されたインタヴュー構成による「桑田圭祐」本。
子供〜アマチュア時代の珍しい写真なども所収。

■A-00109 
サザンコミック 勝手にシンドブック 
sold out   
サザンオールスターズ/ペップ出版/1979 
初/B5/状態C/少書込ミ/定価\980


メージャー・デビューからまもない頃の発行。BIGになった今でも一部アマチュア的な雰囲気を残す彼らですが、刊行当時はまだ現役学生時代、初々しいメンバーが大きくクローズアップされいて、ファンにとっては「垂涎もの」の一冊でしょう。クロスワードパズルの部分に「書きこみ」があるためCランクとしましたが、それ以外は25年前の本にしては極めてコンディション良好です。

■B-00082
飲み屋のロック    
sold out
みうらじゅん/ソフトバンク/1997
初/四六/状態A/定価\1,200


「お酒」も「のみ屋」も「酒のみ」もそれから「ロック」もダイスキなみうらじゅん・・・いいなあ。でもこのひとの正体って一体なに??  

■B-00322 
アグネス・チャン また逢う日まで  \1,800
  
アグネス・チャン/ペップ出版/1976 
初/四六/状態B/書込ミ/定価\750


タレント活動を一切休止した70年代後半に出版されたエッセイ。サブタイトルは「…最初で最後の本」となっております。アイドル本そのものではありますが、読み様によってはその後の論客ぶりが見え隠れしてもいます。要するに彼女は理屈っぽく、そして優等生。

■A-00091 
ひこうき雲 布施明エッセイ集  
sold out  
布施明/立風書房/1976
5刷/四六/状態A/定価\630


著者28歳、油ののりきった頃のエッセイ集。デビュー以前、当時の日常生活等々。歌唱力では定評があるこの人が、当時「長谷川きよし」に敗北感を抱いていたというエピソードが興味深い。

■B-00551 
メイド・イン・オキュパイド・ジャパン    
sold out  
小阪一也/河出書房新社/1990 
初/四六/状態B/定価\1.500


既に亡くなって10年近くなる小坂一也さん、往年のバイプレーヤーという記憶しかない世代も多いとは思いますが、かってはミッキー・カーティスや平尾昌晃といった面々とウェスタンカーニバルで活躍したアイドル的歌手だったんですね。米軍キャンプ巡りからスタートした当時の懐かしい(店主が当時を知っていたわけではありませんが…)エピソードがいっぱい。レトリック的な表現も上手くて、タレント本の粋を脱した優れたエッセイになってます。

■B-00331 
お嬢・・・ゴメン。 誰も知らない美空ひばり  \1,200
  
嘉山登一郎/近代映画社/1990 
11刷/A5/状態A/帯/定価\1.700


マネージャーとして少女時代から40年以上の長きに渡り美空ひばりを見守り続けた著者による本書は、数あるひばり本の中でも出色の出来との評価が高い。母、ひばりの弟達など加藤家の人々との確執、小林旭との結婚の真相などなど、よくぞここまで・・・と思える内容も。

■C-00137 
美空ひばり  
sold out
竹中労/朝日新聞社/1987 
初/文庫/状態B/定価\480


美空ひばりという不世出の大スターを「戦後社会」というスクリーンに投影させ、独自の観点から独特の文体で描いた評伝。「アウトロー」的位置付けでもあった著者の出世作。「お嬢・・・ゴメン。」がひばり本の
右の雄ならば、竹中の「ひばり」は左の雄ともいえる。

■A-00013 
のど自慢な人びと  \600
  
文藝春秋/1998  
A5/状態A/定価\952


井筒和幸の映画「のど自慢」のノベライズ・マガジン。大友康平の体験ルポ「焼き鳥修行ふたたび」、室井滋の「付き人体験記」など楽しい内容満載。

■B-00514 
宮川泰夫の「のど自慢」がゆく  sold out
  
宮川泰夫/毎日新聞社/2000 
初/四六/状態A/帯/定価\1.500


番組のため「年160日旅する」アナウンサーがつづる興味深いエピソード。

■C-00448 
フォークが聴きたい 青春のマイ・ソング210曲 
sold out
富澤一誠/徳間文庫/1999 
初/文庫/状態A/帯/定価\724


1966〜1981年までの「青春ソング210曲」について、時代と作品とのかかわりを分析・解説する。はじめて明かされる「秘話」も多数収載、加えて、すべてに幻(?)の「ジャケ写真」入り!

  HOME
ページ: 音楽  01 | 02 | 03    ヤング・ギター 0102   音楽雑誌     

映画 01      バレエ・舞踏・演劇 01 | ダンスマガジン etc.