エンターテイメント
ページ: 音楽  01 | 02 | 03    ヤング・ギター 0102     音楽雑誌     

映画 01   バレエ・舞踏・演劇 01 | ダンスマガジン etc.

■B-07154
ジョンレノン写真集 John Lennon SUMMER OF 1980  sold out

編:オノヨーコ/プロデュースセンター/1984
初/30px21p帯/定価\180

1980年12月に糾弾に倒れたジョン・レノンの死の直前の姿を捉えた写真集。ダブルファンタジーをリリースした当時のジョンは贅肉がそぎ落とされて禅僧のような風貌でビートルズのジョンとは別人のよう。

■B-07024
the Betles' England  \2100

David Bacon and Norman Maslov
CBS SONY Publishing inc./1982
21.5px21.5p/状態C/カバスレ
定価\1700

デビッド・ベーコンとノーマン・マズロフという二人のビートルマニアが編集したビートルマニアぼ巡礼地ガイドブックともいえるビジュアル本。アビーロード、カーナビ―・ストリート、キャバーン・クラブ、ペニー・レーン、ストロベリー・フィールズ、などなど誰でもが知っているお馴染みの場所をはじめ、ビートルズが関わった様々な場所を紹介しながら、ビートルズの足跡追う。

■B-06455
LENNON REMENBERS   \3200
PENGIN BOOKS

1980/20px13p/状態C/ノドワレ補修済

1970年のローリング・ストーン誌のインタヴューをもとにして出版されたジョン・レノンに関する書籍。ビートルズ解散、思想、オノ・ヨーコとのコラボレーション、ほか、ペーパーバックながら豊富な写真が挿入され、資料的にも面白い。

再入荷
■B-05535
ぶっく・れびゅう Vol.1 ジョン・レノン&オノ・ヨーコ特集 sold out
日本書評センター/1970
24.2px15.4p/状態B/定価\320

当時、ベッドインなどで話題をふりまいていたジョン&ヨーコのカップルを特集した「ぶっく・れびゅう」創刊号。
は趣を変えた文藝批評的な切口によるアプローチ。ジョン・レノンと結婚した日本人というレッテルを張られる以前の小野洋子を一人の表現者として正統に評価している点が面白い。
ヨーコとジョンにおくる歌:滝口修造/対談:ジョンレノンーマーシャル・マクルーハン/ジョンレノンの惨酷物語:植草甚一訳/詩集グレープフルーツ:小野洋子

  ■B-05999
Bjork ビョーク      \1900

CARLTON/2002
28px21.5p/状態B/英文

その特異な容姿と歌唱力により、エンターテイナーというより、現代アートの表現者と呼ぶほうがシックリとくるアイルランドの歌姫ビョークですが、本書では、70年代の幼少時から80年代のデビュー直後、90年に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」でカンヌ映画祭バルムドールを受賞する前後までの足跡をまとめています。

■A-00100 
JAMES TAYLOR   \8,000

WISE PUBLICATIONS
28cmx20cm/状態B/定価\3,500


コード付きスコアのほか、出演した映画「断絶」のスチル写真も収載。 「今彼は幸福である。−中略ー名が売れて、音楽界のVIPになり、プールのひとつでもつくると、顔も気もゆるんで(ハゲになるかどうかはしらないが)・・・」(1973年の細野晴臣氏の発言) スイマセン本書とは何の関係もありませんでした。しかし近年の彼は、頭はハゲても未だに青年の様な風貌で、飾らずフランクでインテリジェンスに富んだ音楽活動をしている様です。

  ■A-01755
ACOUSTIC ON MY MIND     sold out

テリー・中本/日本楽器製造株式会社(ヤマハ)
1985/A5/状態C/ノドワレ

ヤマハの設計チーフ中本輝美(テリー・中本)氏の仕事を紹介した四半世紀前の販促パンフ。石川鷹彦、岡崎倫典、村下孝蔵、高田渡・・・からポール・サイモン、J・レノンまで、テリー・中本が関わったオリジナルのアコースティックギターに関するエピソードを満載した貴重な一冊。

■A-01756
ロック・アコースティック・ギターの全て'88     sold out

自由国民社/1988
28px21p/状態B/定価\1500

浜田省吾、佐野元春らに加え、若い頃の坂崎幸之助、作家になる前の辻仁成(エコーズ)、佐橋佳幸(「松たかこ」の旦那)の記事が興味深い。
ロックにおけるアコースティック・ギター・サウンドの変遷/僕のギター・マスター法(佐橋佳幸)/ギター・ショップ・ガイド/アコースティック・ギター総カタログ250機種紹介

■A-01758
The Best Of James Taylor   ベスト オブ ジェームス・テーラー  sold out

Hal Leonard PUBLISHING/1992
30.5px23p/状態B/定価\3000

ジェームス・テーラー初期の代表曲(9曲)の、レコードバージョンコピー譜。ダンガリーシャツにアコースティックギターという表紙がいかにもっていう感じ。

Caroline In My MInd /Country Road /Don't Let Me Be Lonly Tonight /Fire and Rain /Long Ago And Far Away /One Man Parade (One Man Dog)  /Steamroller /Sweet Baby James /You Can Cloase Your Eyes

■A-01757
ライ・クーダー研究 
ギター・パーフェクト・コピィ・シリーズE      sold out

ミュージックセールス社/1980
30px22p/状態B/定価\1800

中川イサト協力により、伊藤銀次が譜面構成+監修を担当。中川五郎、久保田麻琴らによる解説文も興味深い。巻末のパーソナル&セッション両方のディスコグラフィーも充実。

■B-06686
BRITISH HARD ROCK     ¥1,400

監修:平野和祥/シンこー・ミュージック/2002
初/A5/状態B/帯/定価¥1800

60〜70年代の英国ハードロック名盤ガイド。定番から超レア盤まで500枚以上を一気に紹介。


■B-06687
AMERICAN HARD ROCK      ¥1,300

監修:白谷潔弘/シンこー・ミュージック/2004
初/A5/状態B/帯/定価¥1800

ガレージ・パンク/サイケに端を発する胎動期に始まり、その様式を確立しつつ全世界へと影響力を拡げた黄金期〜80年代前半のUSメタル勃興前夜までをフォロー。旧来の概念に縛られない大胆な選盤による初の本格ガイド本。

B-06688
ロカビリービート          ¥500

鈴木カツ/シンこー・ミュージック/1993
2版/四六/状態B/定価¥1500

1章 ネオ・ロカビリーとストレイ・キャッツ、2章 ロカビリー誕生とそのルーツ、3章 エルヴィスとサン・レコード 4章 ロカビリー伝説 5章 ロカビリー・スター人名事典 6章 ロカビリーCD 100選ガイド。

  ■B-06685
エリック・クラプトン スローハンド伝説      ¥500

著:ハリー・シャピロ 訳:岡山徹/音楽之友社/1993
1刷/四六/状態B/帯/定価¥2500

白人がブルースを演奏することの「苦しみ」を軸に、彼の音楽の変遷を追いその人間像を浮き彫りにする。膨大なセッションを網羅する限定版・海賊版を含む完全ディスコグラフィ付き。


■A-01759
eric clapton unplugged      sold out

Hal Leonard PUBLISHING/1993
30.5px23p/状態D/ページ切取り補修済/定価\3800

エリック・クラプトンが「アンプラグド」で再ブレークした90年代初めに出版されたスコアブック。
「albert」〜「Notation Legend 」の15曲を所収。

■A-01763
プレイ・オープン・チューニング・ギター 
アコースティック・ブルースからニューエイジ・サウンドまで     sold out

中央アート出版社/1998
2刷/27.5px21.5p/状態C/ビニカバ縮み ミニDVD付/定価\3000


米国ナショナル・ギター社のカタログにも紹介された打田十紀夫によるとても分かりやすいオープンチューニングギターの解説書。

■A-01764
アコースティック・ギターブック 11       sold out

シンコーミュージック/2000
27.5px21p/状態B/定価\2500


デヴィッド・グリスマン「Tone Poem3」を語る。/80年代マーティン カスタム・エディション
/●安らぎのサウンド 12弦ギター再確認


■A-01765
エレキ・ギター・ブック 6   sold out

シンコーミュージック/2000
27.5px21p/状態B/定価\2000

[特集]グループ・サウンズ草創期を駆け抜けたギタリストたち! 井上堯之・三原綱木・小松久・
今井久/2000年を駆け抜けたベンチャーズ、加山雄三、寺内タケシとブルージーンズを追う/エド山口&モト冬樹のエレキ大好き!

■A-01766
アコースティック・ギター・マガジン 2002秋 No.14   sold out

リットーミュージック/2002
27.5px21p/状態B/定価\1900


ジェイムス・テーラー「オクトーバー・ロード」リリースに合せた特集/こだわりの音を鳴らすアコギストのライブ・セッティングほか。


■A-01767
アコースティック・ギター・マガジン 2001冬 No.7  sold out 

リットーミュージック/2001
27.5px21p/状態B/定価\1500

20世紀のアコースティック名盤/岡崎倫典/ジョン・レンボーン、角松敏生ダック・ベイカー/アコースティック・ギターin韓国(ソウル)/「サークル・ゲーム」(ジョ二・ミッチェル)

■A-01762
NHK趣味百科 アコースティックギター入門    \1500

日本放送協会/1996
25.5px22p/状態B/定価\980

1996年9〜10月にオンエアされたNHK趣味百科のテキスト。「あの素晴・・・」の録音秘話はこのテキストで初めて明らかにされた。石川鷹彦が6弦、kK氏が12絃ギター。
後にビデオ化されたが残念ながら「あの素晴・・・」は収録されていない。

■A-01761
ブルース・フォーク&ジャズ ハーモニカ読本    \1200

松田幸一/KMP/1987
5版/28px22p/状態B/定価\1500

ボブ・ディランにあこがれて、はじめは複音ハーモニカにヒモを付けて首からぶら下げ、ギターを弾きながら演奏したというエピソードもある松田幸一。日本を代表するブルース・ハープの名プレイヤーによる教則本です。巻末には世界の著名なハーピストの紹介も・・・。

■B-04251
みんなのアイドル モンキーズ 
ロックショウ増刊号 ポスター付      \2400

新興楽譜出版社/1981
29.5px21cm/状態B/定価\600


1960年代後半に元祖グループとして人気のあった「ザ・モンキーズ」は活躍した時期が短かったにも関わらず、80年代になっても何度か雑誌に特集されるなど、なぜかアイドルとしての寿命が長かったのが不思議。だからアイドルは侮れない。

■B-00361 
モンキーズグラフィティ  \5,000

編・著:八木 誠/立風書房/1981
状態B/絶版/定価\1.000


マスコミが作為的につくった元祖アイドル系グループ「モンキーズ」。ビートルズの現役グルービーになれなかった遅れてきた世代としてはリアルタイムで追っかけた憶えがあります。「自然消滅」から10年後の出版ゆえ、メンバーのその後の情報(あの人は今)まで網羅されています。伝説のTVショー全58話のストーリーから、日本語訳つきの「歌詞集」まで情報満載。

■A-00099 
ドノバン・ソング&フォトグラフ  sold out

シンコーミュージック/1971 
重/B5/状態B/定価\700


根っから放浪者的なドノバン。映画「ハメルーンの笛吹き」(「小さな恋のメロディ」のジャック・ワイルドが出ていましたっけ)を思い出す人も多いのでは? その彼の初来日は1970年でした。これは、当時の様子がとてもよく窺えるとてもレアなソング・ブック。主要なヒットナンバーを網羅。ギターコード付き。さりげなく挿入された写真やマザー・グースやアリス風のイラストが「らしい」。


B-00130 
レコード・コレクターズ 1994.7(ドノヴァン)   \500

ミュージック・マガジン/1994
A5/状態C/定価\580


特集は「ドノヴァン(上)」および「スライド・ギターの魔法」   現代の吟遊詩人、イギリスのデュラン、などなど、ドノヴァンを形容する言葉はどこか詩的。ケルティックミュージックの流れを汲み、リリカルなその世界は、トノヴァンと自らを称した加藤和彦をはじめ、鈴木慶一、松山猛など多くアーティストを魅了した。

■B-00029
レコード・コレクターズ 1994.8(ドノヴァン)   \500

ミュージック・マガジン/1994
A5/状態C/定価\580


特集は ドノヴァン(下)と ビートルズB『ラバー・ソウル』。

■B-00801
レコード・コレクターズ 2001.4  
sold out
ミュージック・マガジン/2001
A5/状態B/定価¥600


特集:大滝詠一/ロング・ヴァケイション。82年に邦楽第1号のCDとなった大ヒットアルバムがその20周年めにデジタルリマスターされた年に組まれたインタヴュー構成による特集。

■B-00037 
ゴールド・ワックス 1999 No.58 ドノヴァン B.ウィルソン   \1,200

監修:山本隆士/1999
B5/状態B/定価\800


1999年、ドノヴァン4度目の来日公演をインタビューとともに紹介。ドノヴァン未だ健在です。他にブライアン・ウィルソンの特集記事も。

■B-00225
ボラン・ブギ― マーク・ボラン★レジェンド   \1.000

シンコ―・ミュージック/1988 
2刷/A5/状態B/定価\1,854


1977年に自動車(「Mini」というのが以外といえば以外、でもムラサキ色というのが凄い)事故で逝ったカリスマロック・スターの評伝。70年代、デヴィッド・ボウイと人気を二分した感がありますが、早世した分より時代を体現している様に思えます。。

■B-00294 
ポール・サイモン   
sold out
パトリック・ハンフリーズ/訳:野間けい子/音楽之友社/1990
3刷/四六/状態A/定価\1,800


生い立ちから1980年代までの軌跡。サイモンとガーファンクルの「以前」、「以後」の方が長い彼ですが、常に優れた音楽を生み出し続けている。巻末のディスコグラフィーが充実しています。

■A-01768
バンド・スコア ジョン・レノン・ベスト      \780

シンコーミュージック/1987
27.5px21p/状態C/スレ定価\1800

「イマジン」〜「メンローヴ・アヴェニュー」の六枚のアルバムから代表作12曲を所収。

インスタント・カーマ/パワー・トゥ・ザ・ピープル/ハッピイ・クリスマス/イマジン/真夜中を突っ走れ/夢の夢/ビー・バップ・ア・ルーラ/ロック・アンド・ロール・ピープル/スターティング・オーヴァー/ウーマン/ノーバディ・トールド・ミー

■B-01061
文藝別冊 総特集 ジョン・レノン        \900

河出書房新社/2000
2刷/A5/状態B/定価¥1200


ローリング・ストーンズを語った後はやはりビートルズ。「KAWADE夢ムック」として出されたレノン本。飯村隆彦、横尾忠則など「ジョン・レノンに会った日本人」たちの語るエピソードや仲井戸麗市、三田誠広、喜納昌吉、鶴田静らのエッセイ、篠山紀信による「ダブルファンタジー」秘蔵写真なども。

■B-01729
JOHN LENNON in my life    \3200
 
PETE SHOTTON・NICHOLAS SCHAFFNER/STEIN AND DAY/1983
初/27.5px20p/状態C/一部頁ヤケ/英文


ジェン・レノンの幼友達にして、初めてのバンド仲間であったピート・ショットンがジョンの無名時代から最後までを語る。ペーパーバックながら、子供時代を中心に多数の写真が挿入されていて興味深い。

B-04776
THE ORIGINAL BEATLES BOOK 
ビートルズ写真集       \1800
A4/状態B

グループ誕生時から初期の活動、熱狂的なファンの姿などを追ったビジュアル本。32ページではありますが、グラフ誌として多数の写真が所収されています。

■B-00070  
THE UNSEEN BEATLE    \3,800

BOB WHITAKER/CONRAN OCTOPUS/1991
初/32.5cmx24.5cm/状態B
/英文

ビートルズのオーストラリアツアーで B・エプスタインに見出され、イギリスに渡り専属カメラマンになったBob Whitaker によるビートルズの写真集。なぜかメンバー全員がホテルの一室でイラスト(これがまたなかなかイイ感じ)を描いている日本公演の際のプライベート写真が興味深い。また、オーストラリア時代に撮ったという14歳のオリビア・ニュートンジョン(オリビアはBob Whitakerのお気に入りのファッションモデルの妹だった)が初々しい。

■A-00114  
ビートルズ詩集    sold out

岩谷宏/シンコーミュージック/1985
重/A5/状態B/定価\1,500


年代にそって104曲を所収。原詩と訳詩を対に掲載。

■A-00115  
ビートルズ全詩集   
sold out
内田久美子/シンコーミュージック/1990
重/A5/状態A/帯/定価\3000


オリジナル曲全183編を正確な原詩に基づく忠実な対訳で。待望のコンプリート版です。

■B-00483  
ビートルズ その誕生から現在まで   sold out

ハンター・デヴィス/訳:小笠原豊樹 中田耕治/草思社/1971
10刷/A5/状態C/カバヤケ/定価\880


「直接インタヴュー」によって書かれたビートルズ伝。「ビートルズの数ある伝記の最高峯であると同時に、われわれの時代の意識革命の書でもある」(横尾忠則の跋文より)

■A-00998 
THE BEATLES'S SOUND
    
sold out    
CBSソニー/1986 
19刷/B5/状態B/帯
/定価\1,500


純粋にビートルズの「音楽そのもの」に焦点を絞って書かれた資料的価値の高い本でありながら、写真なども数多く挿入されてグラフ誌的にも楽しめます。」

■A-00999 
全曲解明ビートルズサウンズ大研究 上下   sold out
チャック近藤/シンコー・ミュージック/上 1998 下 1997
4刷/B5/状態A/
帯/定価 各 \2,000

「新たな発見。ビートルズを聴き直せ、弾き直せ。(帯書き)」 六本木CAVERN CLUB にレギュラー出演するビートルズのコピーバンドのリーダーによるビートルス音楽のテッテイレキな研究書。

■A-01727
誰がジョン・レノンを殺したか?      \480

フェントン・ブレスラー 訳:島田三蔵/音楽之友社/1990
A5/状態B/定価\1400

ジョン・レノンを暗殺が、実はCIAの策略であった・・・。実行犯、チャップマンがCIAの隠れ蓑と噂されているYMCAと関係があったという事実から論旨を展開したちょっと飛躍しずぎの推理ドキュメンタリー。

■A-00995 
ビートルズ革命 付:レノン詩集
 \1,500 
ジョン・レノン オノ・ヨーコ ヤーン・ウェナー/訳:片岡義男 三木卓/草思社 1972
6刷/A5/状態A/定価\850


ジョン・レノンは自分が自分自身でなかった時代=ビートルズ時代を「夢」と呼び、「夢」からの脱出を試みたのが彼の後半生であったといえる。スーパースター「ビートルズ」として成功をおさめた後に、「ビートルズ的世界」から際立って成長をとげてしまったジョン・レノンと、その精神世界を理解し支えたオノ・ヨーコに対する「ローリング・ストーン誌」編集長によるインタビューによってまとめられたのが本書。当初2回に渡って「ローリング・ストーン」誌に掲載された。

■B-00011  
ai ジョン・レノンが見た日本 \2,100

ジョン・レノン オノ・ヨーコ/小学館/1990
初/19cmx27cm/状態B/定価\2,864


「ai=愛 というこの本のタイトルはジョンがどういう目で日本を見ていたかをあらわしています。・・・・この本は、ジョンがどうやって日本語を勉強したかを伝えてくれます」とまえがきでオノ・ヨーコが書いているように、全ページ、ジョン・レノンのイラストと日本語の記述、その英語訳を配した微笑ましい本。

■A-01001
ただの私 \800

オノ・ヨーコ/編・訳:飯村隆彦/講談社/1986 
初/四六/状態B/帯/定価\1,200


ジョン・レノンの妻としてのオノ・ヨーコとしてではなく、それ以前のアーティストとして、フェミニストとしての活動、ジョン・レノン死後の活動など、激動の人生を送った一人の女性の情熱の半生記。ヨーコといえば「強い女性」という拒否反応をおこす向きも多いが、そこここにユーモアが溢れる知的な文章は好感がもてるはず。

■B-00154 
ヨーコ・オノ 人と作品 \1,400

飯村隆彦/水声社/2001
初/四六/状態A/帯/定価\2,200


1985年に文化出版局から刊行されたものの増補改訂版。「90年代のヨーコ・オノ」を追加。ジョン・レノンの連れ合いというだけでなく、最近とみにめざましい活動が目立つアーティストとしての彼女を知るうえで役に立つ一冊。

■B-00774
ローリング・ストーンズ・ブック    \1950

編:デイヴィッド・ドルトン/訳:三井徹/草思社/1990
17刷/20.5px28p/状態B/帯/絶版/定価¥3600


ニューヨークのアムスコウ音楽出版が1972年に刊行した「ローリング・ストーンズ」の全訳。
この頃、アルバムデビューから8年め。それから34年経った現在、来月には5度めの来日公演を控えているこの事実!ちなみに本書の頃のギターはあの伝説のミック・テイラー。

■B-00269 
BERNIE TAUPIN The One Who Writes The Words for Elton John \2,400
Alan Aldridge Mike Dempsey/JonayhannCape Thirty Bedford Square/1976
初/28cmx22cm/状態A/英文


BERNIE TAUPIN はエルトン・ジョンの為にほとんどの歌詞を手がけた作詞家。 彼が作詞した全ての作品に当時の著名なイラストレーターが挿画を付けたポップで楽しい一冊です。

■B-00213 
ミュージック・ライフ 1973.8 来日したサンタナのすべて sold out

シンコ―・ミュージック/1973
初/B5/状態B/定価\330


大特集「サンタナ・イン・ジャパンのすべて」。取材記事「ジョン&ヨーコ、ニューヨークの新居を訪ねて」等。

■B-00214 
ミュージック・ライフ 1973.9 ロギンス&メッシーナなど sold out

シンコ―・ミュージック/1973
初/B5/状態B/定価\330


来日特集「マウンテン、マハヴィシュヌ・オーケストラについてこれだけは知っておこう」。新人紹介コーナーでは、マギー・メイにならんで当時19歳の荒井由実の記事が…。


■B-00026 
スティング 孤独のメッセージ \1,000

ウエンズリー・クラークソン/訳:平田良子/リットーミュージック/1996
初/A5/状態C/定価\2,060


イギリスのアーティストのご多聞にもれず、恵まれない家庭環境から、トップに登りつめるまでの半生記。 


■B-01719
デヴィッド・ボウイ ストーリー   \1300
    
ケイト・リンチ 訳:柴田京子/CBSソニー出版/1985 
初/A5/状態B/絶版/定価\1500


女性ロック評論家によるボウイ初の本格的ストリー・ブック。誕生から「戦場のメリークリスマス」、《レッツ・ダンス》に至るまでの軌跡を描写。

■B-00677 
ピンク・フロイド 吹けよ風・呼べよ嵐  \3,000 

立川直樹/シンコー・ミュージック/1978
初/四六/状態B/絶版/定価\850


店主が中学生の頃のこと、音楽の時間に「現代音楽」として取り上げられていたことが懐かしい。ちょうど彼らがメイン・アクトとしてはじめて日本でのライブ演奏を行った、今となっては伝説として語られるあの「箱根アフロディーテ」の頃なのでした。

■B-00975
ピンク・フロイド      \1600

和久井光司 他/エクシード・プレス/1999
初/四六/状態B/品切れ/定価¥1500


ピンク・フロイドは申すまでもなく20世紀のポピュラー音楽界に大きな足跡を残した、偉大なバンドのひとつ。しかし、ピンク・フロイドほど「メンバー個人」と「作品=バンド」の間に距離がある例は、ロック界にも他にないのでは?。本書は、英国のカールトン・ブックスが出版したジェーソン・リッチ著のCDブック『ピンク・フロイド』のバイオグラフィ部分の全訳に、日本側のスタッフによるオリジナル・ディスコグラフィを加えたもの。

■B-00649 
キース・エマーソン・インタヴューズ  
sold out
編:キーボード・マガジン編集部/リットーミュージック/1992
初/A5/状態B/版元品切/定価\2.800


1992年までの活動を、本人インタビューで構成。「ナイス」時代からのディスコ・グラフィーをはじめとした「資料」が充実。  

■B-01060
ギターをめぐる冒険    sold out

筌尾 正/八曜社/1992
初/四六/状態B/絶版/定価¥1800


ローリング・ストーンズを聴いて生き延びた。キース・リチャーズにのめり込んでギタリストになった…そんな著者による長編のギター・エッセイ。とりわけその造本が、変則的で「チョッと」美しい。

■B-00572
BEATLES DICTIONARY 全曲保存版
ヤングセンス春号付録  sold out
1970/変型/状態C/定価ナシ

ビートルズがまだ「現役」(すでにその実体はありませんでしたが…)だった頃のソングブック。アルバム時期でいえば「Hey Jude」と「Let It Be」の間くらいです。


■B-00529
マンハッタン少年日記  \800

ジム・キャロル/晶文社/1994
14刷/四六変/状態A/定価\1.700


少年バスケットボールチームのスターは、マンハッタンというクレージーな町でドラッグとセックス、ロックに明け暮れ、かっぱらい、強盗、ホモ売春によって少年院送りとまでなった。後に詩人からロック・シンガーにまでなったジム・キャロルの13歳から16歳までの日記。67年に雑誌に掲載された際、ジャック・ケルアックに高く評価されたという。

■B-00530
ダウンタウン青春日記  \800

ジム・キャロル/晶文社/1995
2刷/四六変/状態A/定価\1.900


こちらは同じくジム・キャロルの21歳から23歳までの日記。「70年代ニューヨークの雰囲気を伝える、最高の本」とバロウズが評したように、本書にはウォーホール、ヴェルベット・アンダーグラウンド、キンズバーグなどがさりげなく登場。

■B-00012 
Studio Voice 1995.2 
特集:Poetry Vibration 吠える ビートニクからラッパーまで \1,000
 
インファス/1995 
B5/状態A/定価\600


ビートニクというとジャズとの絡みで語られることが多いのですが、本特集はポエトリー・リーディング、反体制的という視点から、ボブ・ディラン、パティ・スミス、ルー・リード、そしてブルースからラップの流れまでを俯瞰して面白い。

■C-00050
S&Gグレイテスト・ヒッツ+1 
 sold out
橋本治/筑摩書房/1989
初/文庫/状態B/帯/定価\690


S&Gのヒット曲をタイトルとする80年代の「青春短編小説集」の試み。各編最後に添えられているBGMには、S&Gのほか「頭脳警察」や「田原俊彦」なども登場したりする。

■B-00490
45RPM  \2,000 

スペンサー・ドレート編/デザインエクスチェンジ/2002
19.5cm×19.5cm/状態B/定価\2.800


懐かしのSP盤、ドーナツ盤という呼び方もありましたね。軽くノー天気でひたすらレトロなもフィフティースやモータウンサウンズのものから、LP全盛時代のヒット曲シングルまで。実物大の装幀で、リアル感アップ。

■B-00511
CLASSIC ROCK COVERS      \1,400

Michael Ochs/TASCHEN/2001
初/A5/状態A


ロックの全盛期はLPレコードの全盛期でもあったんですね。凝ったデザインのジャケットはCDやDVDなんかに比べてずっと存在感が濃厚、それだけで文化的価値がありました。。


  HOME
ページ: 音楽  01 | 02 | 03    ヤング・ギター 0102     音楽雑誌     

映画 01      バレエ・舞踏・演劇 01 | ダンスマガジン etc.